2006年02月28日

3月1日からこんな法律も施行されます。

3月1日になると、北京ではいろいろな新しい法律が施行されます。その一つに面白い新しい法律を発見しました。それは、「たん吐きに「ハイテク摘発車」=現場押さえ清掃・罰金」という法律です。記事には2008年北京五輪を控えて「文化水準向上」を目指す北京市の中心部・東城区でこのほど、公共の場でたんを吐く行為を監視するため、100万元(約1450万円)以上を投入して「ハイテク摘発車」が導入された。24日には北京駅前広場で実際に使用され、9人を摘発した。
ハイテク車にはカメラ3台やプラズマテレビのほか、衛星通信設備が設置され、半径250メートル以内を監視できる。夜間にはサーチライトや赤外線撮影機能の利用も可能。指揮官が車内で画面を監視し、たんを吐く人を発見次第、現場係官に連絡、取り押さえる。 と書いてありました。中国人の友人たちに聞いてみたところ、5人中1人はこの新しい法律を知っていました。そして、なぜ、罰金だけではなく、清掃もあるですかと聞いたところ、友人が言うには、罰金は見つかりしだい、50元払うのだけど、払わない人が多いから、払わない人には払わない代わりにその場で清掃させるんだよ。といわれました。北京は乾燥しているので、確かに痰が絡みます。これから公共の場所で吐けなくなる痰ですが、いずこへ行くのでしょうか。近いうちに、携帯用の痰処理機みたいのが発売されるかもしれません。今日は汚い話ですみません。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:01 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年02月27日

間に合うかオリンピック会場建設

image5256788.jpg

今日、お客さんと一緒にたまたま2008年のオリンピックの本会場となる場所の前を通りすぎました。お客さんの要望でタクシーを止め、その前で下車して見学することになりました。オリンピックの本会場となる場所ですが、後2年と時間が迫っているにも関わらず、写真のとおり荒地であります。日本ではトリノオリンピックの会場建設の遅さを指摘するニュースが流れているそうですが、北京のオリンピックはどうなるかとても心配であります。とにかく、2006年はこの情況でございます。また、半年後くらいに同じところで写真を撮ってみようと思います。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:50 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年02月26日

これが中国式1人前

image533566.jpg

000001.jpg

北京へ来られたことがある人は、知っていると思いますが、中国の北方地区の1人前の量は半端じゃないです。この写真を見ていただければ、分かると思いますが、これが北京の一人前です。炒め物を2品頼んで、油でちょっと喉が詰まる感じがしたので、スープ一人前を頼んだら、これが出てきました。この日はあいにく、一人で外食に出かけていたので、スープの3分の2は残してしまいました。ちなみに、このスープはスワンラータンといって、すっぱいの80パーセント辛いの20パーセントのスープです。中には卵、木耳(きくらげ)、たけのこが入っています。結構おいしいと思います。スワンラータンと言えば、分かると思います。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:12 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年02月25日

夜な夜なカラオケ小姐が集まる食堂街

北京の市内や、東部にあるKTVの子達に絶大の人気を誇る食堂街があります。その名は知っている人は知っていると思いますが、鬼街というところです。この鬼街という食堂街はザリガニが食べれるという事で大変有名な場所です。昼間は、一般の方が、ザリガニを食べにくるところですが、夜の12を過ぎると、市内のKTVの小姐や、東部に位置するカラオケの小姐が仕事を終えて、ここに同僚ときたり、お客さんとお餅される前に腹ごしらえに来たりする場所に変身します。この鬼街ですが、その殆どの食堂が24時間営業であり、価格もとてもリーズナブル、そして、いろんな種類の食堂が入っていて、お客さんもとても多く、凄い活気があるところです。小生も市内や、東部のKTVへ行って、夜が遅くなると、小姐からご飯に行こう!と誘われ、この鬼街を利用します。ここへくると見るからにして、化粧の仕方が違う女性達が沢山います。それはもちろんKTVの小姐なのですが、お客さんと一緒に来ている小姐も、皆ザリガニがぶりついています。聞くところによると、このザリガニですが、男性も女性もとても精力がつくらしく、する前に食べると、精力がいい感じにつき、お互いとても盛り上がれるそうです。ザリガニはちょっと抵抗あると思いますが、辛く味付けしあり、臭みもないですし、肉は以外にやわらかく、海老を食べている感じがします。北京へ来て、小姐と夜食を食べに行くならここですよ。女の子も喜ぶと思います。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:49 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月24日

素人美女と知り合う方法は?

imagea7.jpg

素人美女と知り合うにはどうすればいいか?よくそんな質問をされます。ただ、知り合うには、やはりどうしても、中国語が必要となってきます。今中国で一番の出会いがある所といえば、一昔前まではディスコとか大学がよく主催する社交ダンス会とかでしたが、インターネットが普及してからは、最大の出会いの場はQQというチャットになりました。若い子であれば、E−MAILアドレス持っていなくても、QQのIDは持っていたりします。QQとは何の略か良く分かりませんが、「QQ」と言うだけですぐわかるほどポピュラーで、流行語にもなったほどです。こちらのQQですが、今はカメラも使うことができ、お互い顔を見ながら、チャットが出来るため、お互い気に入れば、すぐに会ってデートをする事も可能となりました。今、このQQが素人美人と出会える一番てっとり早く、そして、お金がかからない方法だそうです。
中国の友人に話を聞くとこういいました。「女と出会うのはQQが一番楽だ。カメラで相手の顔が分かるから駄目なら無視すればいいし、良ければ、すぐにあってやっちゃうね。今中国の女性も開放的になってきているし、お互い顔見て会うのだから、やるのは比較的容易だぜ。思えもやってみろ。」といわれました。
ちょっと、興味津々なので、時間があるときに、ぜひやってみようと思います。中には、英語や、日本語が話せる人がいるらしいので、中国語が出来なくても、出来ると思いますよ。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:39 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月21日

ようやく暖かくなってきました。

北京の冬はもう終わりと言ってもいいかもしれません。今日の北京の最高気温は13度まで行きました。日中なら外に、出るときもコートを着ないでも出れるくらいの暖かさになっています。2月は極寒というイメージがある北京ですが、もう、これからは、どんどん暖かくなっていく一方です。この時期は寒いからという理由で、北京行きを控えられている方が多いと思いますが、もう、北京の冬は抜け出しました。これからは、気温がどんどん上昇していき、3月に入れば、日本の4月くらいの暖かさになり、旅行シーズンに突入です。お手持ちのマイルたまっていませんか?冬のボーナスの余り、確定申告で還付されたお金で、この際北京へお越しになられてはいかがでしょうか?オリンピックまで後、2年足らず、見ておいて損はないと思います。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:34 | 北京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年02月18日

南通のホテル

image2345333.jpg

上海から、バスで3、4時間くらい行ったところに南通という都市があります。南通は港もあり、最近日本企業の進出が急速に増えたところです。泊まったホテルは華僑ホテルというところでした。値段は安く、一泊188元(2800円)でした。ホテルは、NHKも見れたし、
ホテルの到る所に日本語表記がありました。そして、部屋を空けてみると、写真のとおり、お風呂はガラスが内側、外側から丸見え状態で、まるでラブホテルを想像させます。こういう作りをしているのも、女の子をお持ちしてお風呂に入っているときに逃げられないようにするためなのでしょうか。とにかく、このホテル値段も安いし、作りもよかったし、サービスもそこそこでお勧めです。それと、ホテルの中に床屋が入っていて、そこから女の子を派遣をしていました。確か内線は7222、値段は一発300元(二日目は200元)だっと思います。すみません、余計な事、書いてしまって。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:50 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2006年02月17日

広州の治安とタクシーについて

image3222211.jpg

今回も広州へ出張へ行ってきたのですが、広州へ行くといつも思うのは、北京は本当に治安がいいんだなーと思います。北京のタクシーは今韓国車の現代という車に乗り換えられていますが、以前、助手席と運転手の間だけに取り付けられていた鉄格子も取り外されています。しかし、広州へ来てタクシーになると、なんと助手席と運転席の鉄格子以外にも、後ろの席と運転席の間にも鉄格子が取り付けられています。この厳重さを見ると、広州の治安はあまりよくなさそうです。実際私も何回かタクシーの乗りましたが、2日で3枚の偽札をつかまされました。幸い10元札と20元札だったので、痛手にはなりませんでしたが、2日で3枚というのは、相手もきっと偽札を持っていて、意図的に渡しているとしか思えません。偽札は、札が紙っぽくて、手で持って鳴らしてみても音が出ません。治安のいい北京に長年いると平和ボケしてしまっただめですね。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 18:58 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

KTVのママは親切、お人よしがいないと思ってちょうどいい?

imagea8.jpg

ようやく出張から帰ってきて、落ち着きましたので、更新いたします。ファンの皆様お待たせして申し訳ありません。お詫びに美女を載せます。さて、KTVで遊ぶときに、気をつけないといけないことを少し載せます。最近遊びに行った写真の子がいるKTVですが、お店に着いたのは11時半でした。普通のKTVは夜中の2、3時までやっていて、お客さんが帰らないときは朝の6、7時までお店を空けておきます。このお店は初めてだったので、何時に終わるか分かりませんでしたが、まあ、3時までは飲めるだろうと思って、入りました。女の子も遅い時間に行った割にはいい子が残っていたので、遊ぶことに。ママも、お店の終わる時間については、全然触れませんでした。そして、飲むこと遊ぶこと1時間、まだ遊び始めて1時間です。ボーイが中に入ってきて、お店は後30分で閉まりますのでここで会計してください。今会計して帰るならば、通常料金ですが、30分延長ですと、20パーセント割増になります。延長しても30分しか遊べません!といわれました。ママにはクレーム入れましたが、ママは言います。「入るときになぜ店が終わる時間を聞かなかった?聞かなかったあなたのせい」普通、後1時間しか遊べなかったら、お客さんの立場になって、お店で遊ぶ前に後1時間でお店は閉まりますが、遊ばれますか?と前置きしますよね。その癖、このママチップはちゃんと払っていけみたいな事を言ってくるので、ふざけんなと言って、店の料金と小姐のチップを払って、とっとと帰ってしまいました。こんな事していたら、リピターなんていないだろなと思います。ただ、私もちゃんとお店が終わる時間を確認しなかったということもあります。KTVで遊ぶときは、ちゃんとお店に入るときに時間を聞いたほうがいいです。まあ、こういう水商売の世界ですから、親切、お人よしはいないと思っていてちょうどいいかもしれません。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:58 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月16日

最近更新していなくすみません。

ここの所2、3日出張していて、更新ができませんでした。今日からまた出来る限り毎日更新していきます。ご期待ください!!

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:39 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月12日

中国式キノコどんぶり

image8787878666.jpg

こちらは、北京の郊外の食堂で見つけた、キノコどんぶりです。日本にはない小さな中国キノコたっぷりと豚肉としし唐(赤と緑)を一緒に混ぜて炒めた物を約2、5人前はあろうご飯の上にぶっかけて、その上に目玉焼きを乗っけています。これだけの、量でなんと7元(105円)であります。これ一杯食べるだけで、十分足りてしまいます。味ですが、日本にはない、中国キノコの歯ごたえがよく、それに、しし唐のピリカラと豚肉がうまくマッチしていて、結構おいしいと思われます。日本人の口には合うと思われます。興味がある方は、北京へ来られた際、ぜひともこちらも案内いたします。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:00 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年02月11日

東北女性が背の高い理由

imagea9.jpg

image008899.jpg

以前の記事にでも少し触れましたが、東北地方(主にハルビン)の出身の方は、ロシアと陸続きの隣り合わせのため、昔に入ったロシア人の血統が少なからず、入っているらしく、その遺伝を受けていて、背が高い子が多いです。写真の子は、おじいさんがロシア人だったらしく、背は180センチ、顔つきもどことなく、ロシア人っぽい顔つきをしています。
北京は、やはり東北部から近いため、KTVにも東北出身の子が沢山います。今回行ったKTVも、殆どが170センチを超えていて、部屋の中に入って並ばせて、一人ずつ出身地を聞いてみたら、東北出身が8割を占めていました。背の高い理由は、遺伝もあると思いますが、それ以外に食生活も関係もあると思います。東北地方へ、何度か旅行で訪れ、ホームステイをしたことがありますが、その食事にはびっくりしました。欧米料理ではないかと、思うくらいの肉のだらけの料理です。おかずの9割は肉料理でありました。それに、食べる量も凄く、女性は、日本人女性の3倍は食べていると思われます。主食が肉で、食べる量も日本人の3倍、これも、東北女性が背が高くなる一つの原因だと思われます。










天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 15:25 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月09日

続き

KTVのママにママになってからの辛さを聞いてみました。ママは以下の5点をあげました。

@ 休みづらくなった。 小姐をやっているときは、生理の時や、気分が晴れない時など、休みたいときは、気軽にやすめたが、ママをやると、休みたいと思っても、客から部屋の予約の電話が入ると、それを放っておくと、お店からは怒られるし、客を違うママに取られてしまう。常にそういう圧力がにある。

A いろんなお酒のミックスを飲まないといけない。 客の部屋を回らないといけなく、その際に各部屋のそれぞれ違ったお酒を一気しないといけないのが、苦痛だそうです。部屋のよってはビールを一気にさせられたり、ウイスキーを一気させられたり、白酒だったり、ワインだったり、韓国酒だったり。普通、各部屋のお酒のオーダーは違う事が多く、胃の中はどろどろだそうです。特に生理の時、ミックスは最悪って言ってました。

B収入は増えても出費が多い。 これは中国に関わらずだと思いますが、ママとなる以上、それなりの身だしなみにお金をつぎ込まないといけないそうです。化粧品は中国製から資生堂へ、服は必ず大手のデパートで買うようにしているそうです。化粧代や服代は小姐をしていたときより3倍になったと言っていました。

続きに入ります。








続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:45 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月08日

小姐を卒業して、ママに。

imagea10.jpg

KTVでママになるには、いくつか条件があります。決して誰でもなれるわけではありません。
北京のKTVのママを見ていると、大体がそのお店で元々小姐をしていて、部屋の予約を取る売り上げがある程度、増えてきた小姐には、経理からママにならないか促されるみたいです。ただ、あまり年齢が低すぎるとやはり、まだ社会的な経験値が少ないため、声はかけないみたいです。年齢的には大体25才からだそうです。ママになると、楽に稼げるのでは?と思われがちですが、ママもママで結構大変みたいです。ママを通して、部屋を予約してくれた、お客さんの所へ、一室、一室、回って、乾杯(中国では一気で飲み干す)をしないとなりません。お酒の量は小姐をしていたときより、増えるそうです。それに、小姐の管理も、言うことを聞かないのが多いらしく、とても大変みたいです。そして、給料ですが、ママの給料は基本給は無く、すべてはお客さんからのチップだそうです。ママのチップは基本的に、小姐のチップと同じ金額を一部屋からもらえます。ママを通して、予約した部屋数×小姐と同じのチップがママの収入です。ただ、今KTVのママの競争も激しく、一つのKTVの中に10人もママがいます。もちろん、予約無しの日もあるそうです。ママについて、もう少し詳しく書きます。ここで、一旦きります。










天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 15:07 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月07日

最近流行のロングの金髪

imagea12.jpg

カラオケの小姐に聞いた話では、最近中国ではロングの金髪がはやっているそうです。写真の彼女も元々はロングの黒髪だったのですが、彼氏と別れて、イメチェンという事で、髪を染めてみたら、中国人のお客さんの付がだいぶよくなったそうです。でも、我々日本人としては、中国美人と言うと想像するのは、色白のロングの黒髪のスタイルのいいお姉さんですよね。最近は流行り出しているロング金髪ですが、中国人の女性は肌が白い人が多いので、黒が一番似合うと思うんですけどね。染めるとあんまり似合わない気がします。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:00 | 北京 | Comment(4) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月06日

素朴な味が好きな方はこれがいけると思います。

image4422222333.jpg

最近はまっている食べ物があります。それは、焼きマントウです。マントウ(饅頭)というのは小麦粉で作られた餡の入っていない蒸しパンのことです。焼きマントウと言うのは、作り方はとてもシンプルです。マントウを平べったくして、串に刺して、炭焼きをします。そして、その上に塩などの調味料をかけるだけです。マントウ自体とてもシンプルな食べ物なのに、作り方もとてもシンプルです。この焼きマントウですが、北京人の大好物で、ご飯を食べずにこれを主食として食べる人は多いです。あの、あつあつのパリパリ感と、程よく聞いている塩の味が、とてもおいしいです。私は味覚は中国人化している可能性があり、旅行者や、出張者の方のお口には合わないかもしれませんが、一度、お試しください。ちなみにこちらですが、1串日本円で7、5円から15円です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:59 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年02月04日

韓国人の飲み方

今、北京に滞在する韓国人は30万人はいるといわれているほど、韓国人が多いです。私も何度か、韓国人と一緒に飲みに行ったことがありますが、とにかく韓国人のお酒の量は半端ではありません。白酒(アルコール50パーセントの焼酎)を立て続けに飲みますし、それにビールも合わせてがんがん飲みますので、この最悪ミックスで一緒に飲んでいて意識を失いかけたことは何回もあります。特に兵役を終えている方となると、酒の強さは普通の日本人はまずかなわないと思われます。ただ、何回か韓国人の方と飲んでいて、分かったことがあります。これは酔っ払うとですが、なんと靴の中にお酒を入れて、それをいっきするゲームが始まるのです。靴なんて、病原菌の固まりなのに、なぜそこに入れて飲むのか分かりませんが、一緒に飲んだ韓国人の5組中3組の人はこういうのみ方をしていました。私は韓国について、詳しくはないですが、なぜこういう飲み方をするのか知っているかたがいらっしゃいましたら、教えてください。ちなみに私はそのゲームをし始めた瞬間トイレに行くと言ってそのまま直帰しました。飲みたくも見たくも無かったので。


天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:19 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月03日

発見!!狂っているKTV

imagea112.jpg

中国人の友人から狂っているKTVがあるとの連絡を受け、調査をしてまいりました。ここは、中式のKTVです。場所は、小さな道を入った薄暗いいかにも怪しいところにあります。一見入りにくそうなところでしたが、友人がここに行ってぼったくられる事無く、遊んだので、私も行ってみる事に。そして、友人の知り合いのママが出迎えてくれて、部屋に案内されました。そして部屋に入ると、何が起こるかと思ったら、ママがいきなり、上半身の服&ブラをめくりあげて、生乳を顔に押し寄せて来て「いらっしゃーい」と挨拶です。これだけでは、すみませんでした。スカートをめくりあげて、パンティー丸出しの状態で顔をあそこに近づけさせられました。それに、パンティーをTバックにして、見せつけてきたり、もうママからして狂っていました。この手のお店は、北京では既に無いと、思っていましたが、まだ一部残っている事がわかりました。そして、このお店の小姐は・・・ 



続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 19:08 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国風俗

イスラム教信仰の小姐その2

それでは、昨日の続きです。その後、豚肉を頼んだ事をきっかけに、イスラム教の戒律について、いろいろ聞かされました。日に5回のお祈り、断食、豚肉の事、喜捨について等等です。特に喜捨ですが、喜捨とはは豊かなものが貧しいものに財産を分け与えることだ。といわれました。これは、間接的にあなたはこういう所に来ていて、お金持っているんだから、私にチップを多めに出すべきだという風に聞こえてしまい、ちょっと、たじたじでした。そして、帰るときに、お店の規定の200元チップを渡すと、なぜか100元しか受け取らないのです。なんで?と聞いてみると、あなたは私のイスラム教の話を興味を持っていろいろ聞いてくれた。それが本当にうれしかった。今までのお客さんは、イスラム教の話をすると、嫌な顔をするし、話もまともに聞いてくれなかった。こんな風に言われました。そして、携帯番号交換をしていたので、向こうからメールの嵐が始まりました。やはり、話を聞いてもらったのがうれしかったのか、お店に来てとか、食事しようとか、あなたの家に行くとか、いろんな誘いのメールが来るようになりました。私もメールをあえて返信していなかったのですが、それでも、構わずメールがきます。そして、2ヶ月がたつ今、ようやくメールはなくなりましたが、こんな事になるとは全く予想もつきませんでした。






天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 17:27 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年02月02日

イスラム教信仰の小姐

imagea113.jpg


中国人の中では信仰されているのは、殆ど少数民族と言われているイスラム教ですが、そのイスラム教信者とKTVで会うとは思いませんでした。この日は忙しく、ご飯も食べずにお客さんとKTVへ行きました。空腹にビールがきつかったため、KTVの隣にある、レストランから出前を取る事に。そして、小姐もまだご飯食べていなかったため、小姐にも注文してあげることしました。そして、豚肉キムチ炒めを頼んであげようとしたら、「小姐が豚はだめ、だめなの。」と苦笑いで私に言ってきました。単に豚肉が嫌いなのかと思いましたが、苦笑いが気になったので、よく聞いてみたら、イスラム教信仰者だという事がわかりました。どうやら、この小姐イスラム教と言うのお店の中であまり言いたくないそうです。お客さんはイスラム教信者というと、お客さんからの指名が極端に落ちるそうです。このお店に来たのも、前に働いていたKTVを辞めて、このお店に来たのも、前にいた店で、急激にお客さんが減ったからだそうです。その後の展開につきましては、明日かきます。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 06:11 | 北京 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中国風俗

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。