2006年08月31日

この人盛りはなに?

imageae55.jpg

この人盛りはなんでしょうか。私も中国へ来たばかりのときは、何か事件でも起きて、野次馬が出来ているのかと思っていました。実はそうではないのです。ここは、小学校の門です。北京では、小学3年生までは親が子供を迎えに行くのが、暗黙の了解になっているのです。集団下校などの制度はありません。一人っ子政策により、親の過保護により、こういう事態になっているのです。親2人とも迎えに来ている人も沢山いました。中国も都市部はどんどん裕福になり、こういう過保護の子供達が急速に増えてきています。こういう子たちが10年後には、どうなるのかが心配です。しかし、子供達も辛い面があります。それは、親が迎えに来ているのは、子供を安全に家に帰すというためだけではなく、次の習い事の時間に間に合うように、迎えに来ている親も多数います。一人っ子政策ゆえに、過保護もそうですが、その反動で、一人の子供に対する期待も倍増して、休む間もなくあれこれ習い事をさせている親も多々いるのです。あれこれ習い事させるのもいいと思いますが、一番効果的なのは、やっぱり本人が興味があることをさせるのだとおもいますけどね。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:43 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月30日

中国携帯の電話代を安くする方法

 中国によく来られる方で、現地で直接中国の携帯を買われている方は沢山いると思います。そんな方々に朗報です。ここ2ヶ月前くらいからスタートされているサービスですが、毎月10元で500分受け取り電話代が無料になります。この設定の仕方は大変簡単です。まず、ショートメールを使って、

sct 500という文字を 10086に送るだけでOKです。仮に500分では少なければ、sct1000を同じく10086に送信すれば、こちらは毎月20元取られますが、1000分間は受け取りの電話代が無料になります。普通電話代は、受ける際でも1分間で6角取れますから、これはどう見てもお徳だと思います。しかも、この無料通話時間を超過した場合も、1分間2角という通常の3分の1の価格になりますので、よりお徳です。


注意:こちらは神州行という電話カードに限ります。(皆さん使われているのは殆どこの神州行というカードになるはずです。通話料を追加するときに、13800138000を押して追加するカードならば、神州行です)また、このサービスは月初めから適用されるため、申請は前の月の最後の日の19時前にショートメールを送ってください。また、このサービスを解除するには、sct0を送信してください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:00 | 北京 | Comment(8) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月29日

すばらしい商魂!!

imageye5.jpg

imagertt4.jpg


ブログのお客様O様と農村リゾート地へ向かう際に、凄いものを見てしまいました。なんと1台の大型ダンプがガソリンスタンドへ突っ込みガソリンスタンドを陥没させてしまいました。更に驚いたのは、このような状態でも営業を続けていたことです。車を陥没した屋根の外において給油していました。
こんな状況になっても続ける商魂は、感服していました。これこそが、本当の資本主義なのかもしれません。全部は見習えなくとも、この精神は学ぶところがあるかもしれません。


天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:43 | 北京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月25日

テレビ搭載のタクシーが続々

imageg44.jpg

最近の北京のタクシーは、助手席の後ろの椅子の頭の所にテレビが搭載されているタクシーが増えてきました。オリンピックに向けて、ハードはどんどん出来上がってきていますが、後はソフトがどこまでハードに追いつけるかですね。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:21 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月24日

北京市内から1時間の面白い町

yygr.jpg

(気前のいいK様が女の子がちょうど誕生日だったため、ケーキを買ってあげました。女の子達ははしゃぎまくっていました)

先日ブログのお客様K様と北京の郊外に遊びに行ってきました。この場所は北京市内からバスで1時間くらいの所なので、そんなに離れた場所ではありません。この場所は、もともと農村だったのですが、ここ2、3年でマンションが次々と建てられて、今や農村の影は残っていません。しかし、北京市内から1時間離れているという事もあり、物価が市内の半分くらいです。物価が安かったのも、うれしかったのですが、もう一つうれしかったのはマッサージ屋さんの子が地方から出てきたばかりの、若くて純粋な子が非常に多かったことです。出身を聞くと北京の隣の河北省や、四川省の子が8割くらいをしめていました。マッサージ大好きで、若くて純粋な子が好きな方はここで、たっぷりとマッサージをしてもらうのもいいかもしれません。ちなみに、ここで書いているマッサージは正規のマッサージです。(Hなマッサージもいくつかありました)

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:38 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年08月22日

東莞(トンガン)長安市のお勧めのホテル、KTV

imageVDDDE3.jpg

KTVのチーママ

広東省の中で一番風俗が多くて、サービスがよく、綺麗な子が揃っているところといえば、東莞長安でしょう。昔は、全くの田舎でしたが、最近は日本企業、欧米企業が次々に東莞に進出してきて、もの凄い勢いで発展しています。先日、広州に出張の際に、懇意にさせて頂いているブログのお客様k社長に連れて行ってもらいました。k社長とは既にここには2回来ましたが、いつも泊まるホテルは「鳥沙大酒店」というホテルです。このホテルですが、値段も安く、サービスもよく、このホテルに入っているKTVも日本語が分かるママがいて、とてもよい場所でした。可愛い子も沢山いますし、値段も安いです。お勧めの場所です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:47 | 北京 | Comment(8) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2006年08月19日

北京空港で有名人と遭遇

imageggr44.jpg

今の中国の若者の中で莫大な人気を誇る李宇春です。日本で言えば、モーニング娘みたいな存在でしょうか。この一見、特別に美女でもない彼女が売れている理由は、「超女」というオーディション番組に参加して見事優勝をしただけでなく、昨日まで一般庶民だった21歳の彼女がいろいろ悩んだり、努力したりして、成長していく姿が若い子達の模範になり、若い子達に自分達一般庶民も頑張ればその苦労は報われるのだという勇気を与えたという事で大変な有名になったのです。こんな彼女と偶然に北京空港で出会ってしまいました。私はたまたま国内線でお客さんの出迎えに来ていたときに、この彼女の乗った四川省から来た飛行機の到着時間と重なり、一般の出口の所から、マネージャーと堂々と出てきました。彼女の到着を知っていたファンの人たちは彼女が出てくると、一斉に花束を渡したり、写真を撮り始めて、一時空港内はパニックになりました。その隙に、私はたまたま持っていたデジカメを取り出し、シャッターを押しました。取る瞬間に後ろの人のエルボーを食らったため、写真はぶれてしまいましたが、あしからずお願いします。
しかし、彼女は出てくると、さびしそうな顔でずっと下を向きながら歩いていました。私がカメラを向けるとぱっと顔を上げ、カメラ目線に近い形で撮れてしまいました。それにしても、彼女は皆に囲まれている中でずっとさびしそうな顔をしていたのはとても印象的でした。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:44 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月18日

レモンとオレンジ

imagev55.jpg

先日焼肉屋へ行ったときの事です。ここは、日本式の焼肉屋さんで、値段も安くおいしいと評判がいいところです。肉も日本の味まではいきませんが、なかなかおいしいです。ただ、タンを頼んだときに出てきたオレンジには、びっくりしました。以下会話形式です。

パンダ:あれ、これタンの上にかけるものですよね?

服務員:ええ、そうですが、何か問題ありますか。

パンダ:これレモンじゃなくてオレンジですよ。

服務員:レモンもオレンジも一緒です。

パンダ:いえ、酸味が違いますよ。

服務員:そんな大きな問題ですか?

パンダ:ええ、オレンジだと、かけると却っておいしくないと思うので、レモンにしてもらえませんか。

服務員:ちょっと聞いてきます。

服務員:あのーこれレモンって言われました。

パンダ:これは、間違いなくオレンジです。あなたは区別できませんか?

服務員:厨房の人がレモンって言ったからレモン。それ以上、私に聞かないでください。

パンダ:・・・・・・・・


これは、焼肉屋以外でも、日本食レストランでも、揚げ物に普通にオレンジが出されました。レモンとオレンジの区別がつかないのか、レモンが無いから、オレンジを出しているのか分かりませんが、皆さん大目に見てあげてください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:36 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月17日

香港の黄金地帯の安宿

imagekoe.jpg

imagefee44.jpg

先日香港の方へ、出張に行ってきました。香港へよく行かれる方へ朗報です。香港のホテルと言えば、その値段の高さは有名なもので、一泊20000円を越すところがずらりです。この黄金地帯と呼ばれる100万ドルの夜景が見れる場所まで徒歩10分程度で行ける黄金地帯になんと一泊2000円の安宿があるのです。この安宿のつくりはかなりぼろく狭いですが、部屋にはトイレ、シャワー、エアコンもあり、贅沢を言わなければ泊まるのは問題ありません。
こちらの安宿はビルの中にあり、そのビルの一階には食堂、ネットカフエ、服屋、日用品売り場、換金屋などなど、このビルを一歩も出なくても生活できてしまうくらいのお店が入っていますし、大変便利です。安さ重視の方にここはお勧めです!!

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:32 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月16日

今日はやはりこの記事にします

今日は8月15日にちなんで、靖国神社のネタを書きます。今日、北京では靖国神社参拝に対する小規模のデモがありましたが、政府が大規模なデモ封じをしていたので、大きな混乱はありませんでした。街に出てみると、日本大使館がある東側では所々、公安が交通整理をしていて、私もバスに乗っていましたが、15分ほど足止めを食らいました。これも、きっと靖国神社参拝に反対するデモ防止のためだったと思います。しかし、この小泉さんの靖国参拝は中国にいる日本人に取っては大変迷惑なものです。今日はお客さんと一緒に外出していましたが、日本人と思われないように、人が沢山いるところでは殆ど話をしませんでした。しかし、タクシーに乗っていて運転手と話している際に、靖国参拝のニュースが流れ、お互い苦笑いになったり、バスのテレビでも放送され、皆から変な目で見られたりということがあり、穴があれば、入りたい気分でした。小泉さんの参拝に関しては、私は以前の記事で書いたとおり、反対ですが、今回は、周りから強烈に反発されている分、逆にそれに屈してはいけないと意地になっていた気がします。まあ、この参拝が意味の無い挑発どころか、どれだけ国益を損なう行為か、よく考えてもらいたいものです。







中国では朝から中央テレビが靖国参拝のニュースをがんがん流しているため、

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:34 | 北京 | Comment(16) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2006年08月15日

更新について

中国雑記団ファンの皆様、最近更新ができずに、大変申し訳ありません。
ファンの皆さんからは、更新があまりにも無いので、何かあったのか?といろいろご心配をかけておりますが、全く問題はございません。ガイドも、商品の発送もいつも通りしておりますので、いつでもご連絡ください。明日あたりから、更新ができると思います。ご迷惑おかけいたします。大変申し訳ございません。



天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:19 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2006年08月11日

小姐と電話する(第2回)

前回はスカイプの話をしましたが、スカイプはパソコンで使うソフトなので(最近は携帯でスカイプが使えるのが出てます)こちらはパソコンが前提になります。
もし、電話をかけるのはスカイプでかけ、受信は自分の携帯で受けたい場合は前回説明したスカイプインとスカイプアウトを両方契約していると、スカイプにかかってきた電話を自分の携帯に転送することができます。
(但し、自分の携帯へのスカイプアウト通話料金はかかります。それでも安です。)

前回言い忘れましたが、スカイプを使うにはWindowsXP、回線はADSL以上でないとキツイです。

もし、この記事を見て「オレもやってみよう」と思った方、健闘を祈ります。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 09:50 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語奮闘記

2006年08月10日

小姐と電話する(第1回)

今回は中国語が話せる人、または話せなくても相手の声が聞きたい人向けに携帯電話と話す方法を教えます。
簡単なのは国際電話すれば良いだけなのですが、国際電話ははっきり言って料金が高いです。
では安くするにはどうするか?
一番安く済むのは有名なスカイプ(SKYPE)を使うのが良いです。
スカイプにはスカイプアウトというのがあり、パソコンから普通の電話にかけることができます。
最初に10ユーロ(今日のレートで約1,478円位)購入し、その分だけ通話ができます。
ちなみに中国の携帯と話するには1分2.5円位で、日本の携帯に電話するより全然安いです。
つまり10ユーロ買うと約10時間話せます。但し(確か)中国では電話を受ける側も同額程度課金されますので、無駄な長話は相手に嫌われますので御注意を。
相手からの電話をかけてもらうには、同じくスカイプインというサービスがあり、パソコンで使うスカイプに電話番号を取ることができます。電話番号は各国で取ることができるので中国のスカイプイン番号を取得してその番号に電話をかけさせます。中国携帯からはダイレクトにその番号に電話することができるので、相手も面倒くさくなくかけることができます。
料金は電話番号を1年利用するのに30ユーロ(今日のレートで約4,436円位)でOKです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 09:43 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語奮闘記

2006年08月09日

小姐とメル友になる(第4回)

前々回の投稿で、メールサービス会社を紹介しましたが、ある方からスカイプはに関する質問を受けましたので補足で掲載します。
最新版のスカイプにはショートメールサービスが付いたようです。実際に試したのではなく記事を読んだだけなので判りませんが、ショートメールは送信できるようなのです。但しショートメールを受信する方法が書かれていませんでした。
送るだけだったらメル友とは言わないので今回は見送り、引き続き調査しておきます。

今回は翻訳以外の方法として、例文をパクる方法を教えます。(笑)
こちらのサイトでは日常会話の中に恋人会話がありますので使えるかもしれません。(中国語の勉強にもいいかも)
http://www.tcp-ip.or.jp/~tengjing/hanyu/hanyu.html

翻訳よりは確実だと思いますが、例文にないものはどうしても翻訳ソフトに頼らざるを得ません。
中国語の勉強の一環として取り組み、相手との理解を深めるという意味でやるのがいいと思います。

もし、正確意思疎通ができるような翻訳をしなければならないようでしたら、当ブログのパンダ君に相談してください。
無償では無理でしょうが、他から比べたら格安の価格でやってもらえると思いますよ。

情報では中国でラブレターを自動作成してくれるソフトがあるとか。
「Magic Love Letters」というらしいのですが、未だに見つけていません。
どなたか情報ありましたらご連絡ください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 11:09 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語奮闘記

2006年08月08日

小姐とメル友になる(第3回)

さて、実際にメールの文章を作ってみましょう。
私も様々な翻訳ソフトや翻訳WEBサービスを試してみましたが、はっきり言って「期待しないでください!」。
大体のあらすじが理解できる程度です。
そんな翻訳ソフトで文章を作成するのはどうするか?

翻訳ソフトを使うポイント
1.できるだけ短い文章、場合によっては単語にしましょう。
  例えば「私は日本に帰ってからあなたを思い出して寂しいです。」は
  「私は日本に着いた。私は寂しい。私はあなたに会いたい。」と短くします。多少内容を変えても前後の文で理解できる範囲で直しましょう。
2.正確な日本語を使いましょう。
3.逆翻訳で確認してみましょう。
    上記の文をhttp://www.excite.co.jp/world/chinese/で翻訳してみます。
  「私は日本に着いた」を【日→中】で翻訳し、右側の訳文をコピーで左側の原文に貼り付け、今度は【中→日】で翻訳すると「私は日本に到着した」となります。これで意味はOKですね。
  続けて「私は寂しい」をやってみてください。「私の寂しさ」となりました。
  んっ?ちょっと違うかな?
  でも日本語と同じ漢字なので、なんとなーく「我寂*」の最後の*(中国フォント)消して再度翻訳してみると「私は寂しい」になりました。短い文章だとこのように中国語が判らなくても補正することができると思います。
  最後に「私はあなたに会いたい」を同じく翻訳して、逆翻訳をしてみると「私はあなたに出会いたい」となりました。
  よーく見ると「遇到」が「会う」という翻訳になっているのがなんとなく判ります。
  これもちょっと違う意味のようなので、「会う」だけを翻訳してみると「見」(中国フォント)となりましたので、さっきの「遇到」と「見」を入れ替えて翻訳してみると、「私はあなたに会いたい」になりました。これでOKです。


でも逆翻訳が絶対ではないので注意してください。

もし、文章の途中でおかしな翻訳があっても相手が好意をもって理解してもらえるように、最後に「私はあなたを愛している」と書きましょう。
もし翻訳ミスであなたが嫌われても当局は一切関知いたしませんのであしからず。(笑)


天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 09:22 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語奮闘記

2006年08月07日

小姐とメル友になる(第2回)

中国の携帯はほとんどがショートメールしかできません。
パソコンから中国の携帯へメールを送るサービスをしているのは、調べた限りでは下記のところです。
(その他にQQで送る方法もありますが、中国語ソフトを使う必要があるので却下。)

エクスポロア上海
http://www.explore.ne.jp/sh.phtml
日本から1メール送信毎に18円で、中国からの返信は無料です。
メールの数が少ない人はいいかも。

来来メール
http://sms.absoft.co.jp/index.html
日本から1メール送信毎に30円で、中国からの返信は無料です。
月1500円で使い放題がありますので、何人もの小姐やメールの数が多いヘビーユーザーにはおすすめ。

ショートメールには文字数制限がありますので、長いメールの時は注意してください。
また、中国通信網では数%のメールロストがあるようです。
「送ったのに返事が来ない!」と怒らないで、ながーい目でみましょう。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 08:53 | 北京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国語奮闘記

2006年08月05日

小姐とメル友になる(第1回)

日本に居る皆さん、中国にいる小姐と連絡ってどのように取っていますか?
折角、中国で知り合って日本に帰ってから連絡したくても「中国語ができない」「どうしたらいいかわからない」と思っている人もいるのではないかと思います。
そこで「中国小姐との恋愛を応援するよ!」講座を開設します。

最低必要なものは相手の携帯番号ですね。
これがないと何もできませんので、何とかしてゲットしてください。(笑)

中国語ができなくてもメールであれば大丈夫です。
日本に帰ってきたらパソコンの環境を調整します。
1.中国語の入力ができるようにする。
  このサイトにOS毎に詳しく書いてあるので参照してください。
  http://realhima.at.infoseek.co.jp/
  「日本語Windows 2000/XPに中国語入力を追加する方法」を設定すればOK。
2.メールソフトの調整をします。
  上記ホームページの「中国語のメール作成」を設定すればOK。

ここまでくれば中国語のメールを送受信できる環境は整いました。
それでは確認してみましょう。
http://www.excite.co.jp/world/chinese/
ここへアクセスし、左側の原文に日本語で「こんにちは」と入力して「中→日」を選んで「翻訳」ボタンを押します。
右側に表示された「ニイハオ」(実際は中国語フォントです)を範囲指定してコピーします。
メールソフトで新規メールを作成し、本文の部分へ貼り付けます。
自分自身のメールアドレスへ送ってみて、受信されたメールが送ったメール通りに表示されていればOKです。
次回はメールサービス会社の紹介です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 19:23 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国語奮闘記

2006年08月04日

中国で「中国北京雑記団」の記事を見る方法

パンダが多忙中なので、ミンザーがパンダに変わって久々に投稿いたします。

中国に居る方はご存知ですが、中国国内から「中国北京雑記団」の記事を見ることはできません。
以前からブログの引越しを検討していましたが、seesaaブログでがんばっています。

そこで中国で見ている方(日本でも使えます)に、ちょっと便利な機能をご紹介します。
このseesaaブログにはメールマガジンがあり、中国北京雑記団の記事がメールで届きます。
メールマガジンの登録はここからできます。
http://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input
(中国でブロックされているのはseesaa.netでseesaa.jpは大丈夫なはず...)

購読開始のホスト名に「lailai」と入力し、メールアドレスを指定するだけです。
この後、メールがseesaaブログから届きますので、メール形式(html,text)を選んで本登録をしてください。
記事の更新が行われた場合、翌日の午前10時ごろに、登録された購読者宛にメールマガジンが配信されます。

但し、html形式で選んでも記事は届きますが、埋め込まれている写真のアドレスが中国側からブロックされているアドレスですので見ることができないと思います。

中国からブログが見ることができないので、この記事自体も見ることができないかもしれませんが、見る機会がありましたら利用してみてください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 17:54 | 北京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 中国語奮闘記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。