2014年01月31日

中国から日本へ安くかける方法

  パンダです。中国から日本に安く電話をする方法ですが、シンセンの中国移動の特に全球通がお勧めです。全球通とは中国移動が3つ持っている会社の内の1つです。その他二つは神州行、動感地帯といいます。シンセンの全球通は日本までの国際電話の料金が1分0.7元です。もともとは固定電話が0.3元くらいで携帯が0.99元でしたが、最近どちらにかけても0.7元になりました。ここでポイントですが、シンセン、広州の全球通のカードは他のエリアのカードより優遇されていて、全国で同じ料金でかけれます。たとえば北京の全球通のカードは北京を出るとその値段が適用されずに5倍くらい値段が高くなるのです。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:29 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ、お得情報 

今日は日本で言う元旦です

554.jpg  

  パンダです。今はシンセンにいるのですが、お正月の初日という事もあって95%お店は閉まっています。当然風俗店も閉まっているのですが、一ついつもご用達の100元ちょんのまを覗きに行ってきましたら、なんとやってました。いつも50代くらいのおばちゃんが店番をしているのですが、今日はその妹か親戚かわかりませんが、似たような顔をした若い人が店番をしていました。お店にはいつも7−8人くらい小姐がいるのですが、今日はたった一人でした。陝西省から来た子で年は20代、顔は普通で妊娠はしたことがないような体でした。日本でいう元旦ですから、やっていないと思いましたが、やっていた驚きで思わず足を踏み入れてしまいました。私が最初に来た2000年の時は正月に商売をするなんて絶対に考えられない雰囲気でしたが、今は大分変ってきたものです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:20 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話

裏ワザ換金術

  日本から中国へ送金をするのは銀行に出す書類がいろいろあって手続きも煩雑で振込手数料も高いです。振込手数料無し、レートも中国の一番よい銀行のキャッシュレートより+5元〜10元で換えてくれる人がいます。(日本の銀行のレートではありません。日本の銀行のレートは超最悪です。)この人は闇金というより中国人で日本から物を買い付けていて日本円が必要な人を見つけてくれその人と円と元を交換するマッチングをしてくれるというやり方です。元の振込も指定口座に手数料無料で振り込んでくれます。円は指示される日本の口座に振り込んで、その分の元をこちらが指定する口座に振り込んでくれるというやり方です。振込の都合が悪い場合は、東京近辺であれば円を取りにも来てくれます。ちなみに逆の元→円も対応可能です。以下ポイントを下に書いておきます。

@レートが当日の中国の銀行の一番レートがよいキャッシュレートより更に+5元〜10元。

Aこちらの指定の中国の口座に無料で元を振り込んでくれる。

B振込が都合悪い場合は、東京近辺であれば現金を取りに来てくれる。

C高い海外振込手数料を払わなくてよい。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 07:49 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高レート手数料なしで中国へ送金が出来る方法

関東から出発なら香港エクスプレスで中国へ!!

rr.jpg 
  こんにちはパンダです。私は仕事の都合上、毎月シンセン、広州に行くのですが、皆様に格安航空券のご紹介をいたします。今大阪からはピーチ航空が香港まで出ていて往復2万円台の格安料金です。関東からはピーチ航空はありませんが、香港エクスプレスという航空会社の安いチケットがあります。成田からではなく羽田からの出発で時間は夜中1時半発で朝5時半ころに香港へ着きます。時間帯は悪いですが、私の場合東京でお客さんと夜ご飯を食べて打ち合わせをして、その後羽田から出発。飛行機の中では爆睡できる時間帯なので目が覚めると着陸態勢に入っているという感じでよく使わせてもらっています。香港についてからは1時間1000円くらいで貸し出している仮眠室で寝てから中国へ入ってもいいですし、朝6時くらいから一人130元のアウディの乗合バスが出ているので24時間やっているHUANGGANGというボーダーから中国へ入れます。中国側に入ると長距離バスがあります。シンセン市内はタクシーで数十元、広州まで80元くらいで行けてしまいます。この香港エクスプレスの航空券ですが、一番安く買う方法は直接香港エクスプレスの公式サイトから買う方法です。しかし羽田から香港行のチケットはなぜか公式サイトで買う事ができなく、直接電話をして買うシステムになっています。中国系の航空券は代理店より航空会社直販の方が安く設定されていますので、日本でもいろいろ安く香港エクスプレスのチケットを安く売っているところありますが、直接買うのが一番安いです。電話で予約する場合、英語もしくは中国語で話さないといけません。もし直接買われたい場合は、メールでご連絡ください。私パンダがヘルプいたします。この香港エクスプレスの航空券ですが、安い時期は往復2万円台で買えるときもあります。普段は大体3万台〜4万台です。香港エクスプレスの公式サイトはhttp://www.hkexpress.com/ 電話番号は(852)39020288です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 07:24 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ、お得情報 

続きです

 おはようございます、パンダです。次の記事でご紹介しますが、香港エクスプレスという航空会社の安いチケットを買って今先ほど香港につきました。早く着きすぎて今中国大陸へ入る乗合バス待ちです。さて昨日の続きを書きます。サービスを受けようとしたその時前の家の電気がつき、カーテンが空きびっくりしました。恐らく小姐が大きな声で話したので夜中2時頃でしたが起こしてしまったようです。私がズボンを下ろしていなければ場所を換えれたのですが半分下ろしてしまっていたのでこれはまずいと思いすぐズボンを上げ小姐に他の場所への移動を懇願すると小姐は大丈夫だ暗くてわからない、ここで開始しようと言って場所移動をしてくれません。ここで得た教訓は立ちんぼの小姐は床屋、KTVの小姐と違って腹が据わっている。これが室内動物と野生で育った動物の違いかとつくづく感じました。結局小姐は場所移動を許可してくれず、パンダは半分ずぼんが下がった状況で前進が困難なため横へ蟹歩きで30cmくらいスライドして暗い場所を確保後移一気にズボンとパンツを上げて先払いの30元を諦めて一目散に逃げました。ズボンを上げたときちんちんが半立ちしていたため、少し痛めてしまいましたが、なんとかこらえました。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 07:02 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2014年01月30日

続きです。

  こんばんはパンダです。続きを書きます。本番終了後ですが、ゴムを捨てて帰ることになるのですが、野外のため、シャワーが出来ないので、水を一本買って持っておくとよいです。その水でちんちんをよく洗う事をお勧めします。小姐が持っているゴムは安っぽいゴムでゴムの内側の油もべとべとなので、ゴムを外したらすぐに水で流すことをお勧めします。私は最初の頃水ではなくよくコーラを飲む習慣があったので、その日も後の事考えず水を用意していなくコーラだけしか持っていませんでした。ゴムを外した後コーラでも何とかなるだろうと思ってちんちんにかけたらめちゃくちゃ浸みて思わず「キャー」って言っちゃいました。摩擦運動をした後に炭酸の水をかけると非常に痛いです。それとこの立ちんぼですが、本番以外にてこきサービスも提供しています。てこきは30元です。場所は適当な所。こちらももちろん野外です。私は一度だけてこきにチャレンジしたのですが、場所を選んでサービスを受けようとしたら小姐が先払いだと言ってきます。先払いにすると私の経験上サービスが悪くなるので、だめだと言うと向こうが切れ始めて声が大きくなっていきます。これでは目立ってしまいまずいと思ったので(あとあと考えてみると小姐の作戦だったと思います)先払いしてサービスを受けようとしてずぼんを下ろそうとするとなんと前の家の暗くなっていた電気が突然ついて、カーテンも空けてこっちをにらみつけてきます。この後は次に書きます。すみません、眠くなってしまいました。


天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:21 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

2014年01月29日

今でもある広州の激安たちんぼ

 666.jpg 

朝から風俗ネタですみません。頭の中の構造は8割方エッチなことで構成されているものでして(笑)広州には毎月買い付けで訪れるのですが、上下九路という有名な若者が集まる渋谷みたいなところがありまして、その近くにある人民路ということがあります。この人民路と長寿路がぶつかる交差点を上下九路と逆側に行く道に夜12時を過ぎると30才〜45歳くらいまでの立ちんぼが出現します。超厚化粧のお化けみたいなのものいれば、若妻系のまあなんとかOKレベルの子もいたりします。私は今は愛人がいてチェックが厳しいので、行けなくなりましたが、2、3年前は仕事が終わるのが夜12時くらいで床屋が閉まってしまったり、閉店間際に行くと女の子が1日やりまくった後なので気分的に嫌なので避けていました。こちらのたちんぼ達は夜の12時から出勤なので私の仕事が終わる夜12時はちょうど1発目をゲットできる時間帯なので、何回か利用をしていました。このたちんぼ達とやる場所ですが、どこでするかというと人目がつかない場所、そうです野外プレイなんです。私はこの野外プレイに刺激を感じて利用していた部分もあります。私のした場所は、改築中のまだ骨組しか出来上がっていない家の中、マンションの階段、細くて街頭の無く人がほとんど来ない路地。そして、私が女の子から推薦されて断った場所は公園の女子トイレの和式便所の箱の中、暗くて街灯が無い通りの民家の駐車場の中とその玄関前。ここらを推薦されたとき、彼女らにとっては場所なんてどうでもよくさっさとやって次の客を見つけてどんどん回転させて行きたいんだということがよくわかりました。プレイ代金は100元で交渉次第では80元です。+30元で尺八が付きます。野外プレイなので基本女の子がずぼんを下ろして男はバックから突く形です。女の子によりますが、その体位に飽きると駅弁をさせてくれます。続きは次で書きます。




天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 08:39 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

懐かしの節約光景

  2000年8月に北京空港へ到着してバスの中から留学先の学校へ行くまでの道中で初めて見た中国の光景はやはり初めてという事で今でもしっかりと覚えているものです。これと同じレベルではっきりと覚えていることがいくつかあります。一つは留学先の学生たちの節約術です。学食で一食5元のご飯お替り自由のご飯と炒め物の定食を頼んで、おかずが全体の10分の1くらいになっても、まだ腹がいっぱいになっていなかったのでしょう、そこからご飯を2回おかわりしたり、学校の寮を出て自分たちでアパートを借りている人達はトイレの水を流すのを節約するため3人が皆用を足した後一回で流したりなど様々な工夫をしていました。そういうパンダはどう節約していた?私は学校の授業が終わった後、一生懸命自転車で一発100元の売春床屋を探してました。とにかく安くて美人がいるお店をひたすら探しまくりました。偶に立ちんぼみたいなのがいる地区で間違って素人に声をかけてしまい、その親御さんが飛んで来てめちゃくちゃ怒られたり、ぐるぐる回りすぎて同じお店を何度も訪ねて罵られたり、知らないうちに公安に尾行されていたり、今考えてみればまあよく捕まらず、病気にもならずにやってこれたなと思います。あれ、でも待ってください、こんな嗜好に金を使おうとしていること節約ではないですね。失礼しました!!

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:09 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話

2014年01月28日

安いコースを選ぶとかなりサービスが悪くなる

555.jpg

  シンセン、東莞では特にこのようなお店を多々見かけます。いったいどういう営業をしているのか?写真を見ての通り普通のお店ではありません。当然ピンク系のお店なのですが、システムはお店によって違いますが、シンセンの場合大体オイル無してこき40元、中国製のわけのわからないインチキオイルてこき80元、ボディーソープかシャンプーかよくわかんないやつてこき100元、フェラ200元、パイズリ300元、本番300元(なぜパイズリと本番が同じ値段なのかは不明)大体こんな感じです。私は一番安い40元のをよくオーダーするのですが、小姐の態度が一気に悪くなります。理由はこのお店は指名を除いてはタクシーの客待ちと同じで順番せいでせっかく自分の番に来たのに40元をオーダーされるとめちゃくちゃ不機嫌になります。でも一生懸命やってくれる子もいます。一生懸命やってくれる子はなぜか可愛く見えてしまい、途中から300元コースに変えます。不機嫌で露骨に態度に出してくる小姐は利き手では無い手でしこしこしながら、もう一つの手で携帯でメールしたりします。電話したりする子もいます。こんな状況では発射することは困難であるので、こちらも必死におっぱい等にタッチを試みますが、手をかまれたり、チップ出せーと怒鳴られたりします。一度小姐が電話している時に発射をしてしまい、白い液体が弧を描いて彼女の髪の毛の上に飛んでしまったことがあり、その後
小姐と口論になりました。

パンダ:ご、ごめん。わざとじゃないんだ。
小姐:シャービー(直訳で馬鹿なまんこ、中国語の中でかなり上のレベルの罵り言葉)
パンダ:そこまで言わなくてもいいじゃないか。
小姐:40元のコースでこの始末か。
パンダ:あなたが携帯しているから悪いんだ。
小姐:お前は神経病を持っているのか?
パンダ:なんだその言い方は。
小姐:金を出せ。
パンダ:タクシー代が足りなくなる恐れがあるからだめだ。
小姐:そんなの私と関係ない。
パンダ:じゃーもう1時間延長でどうだ?
小姐:仕方がない、受け入れてやる。

なんだ常習犯かいー 結局この延長1時間は当然発射することはなく、パンダは息子を流血するはめに。延長分の金だけ払って帰ればよかったー。もうやだ〜(悲しい顔)









天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 08:03 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国風俗

理不尽な事には妥協をしない

 おはようございます、パンダです。1月15日シンセンから上海経由の飛行機で成田に飛ぶ便で荷物トラブルがあり、飛行機に乗り遅れました。いつも通りカウンターで荷物を預けて50分くらい前に搭乗ゲートの所へ着きました。そうすると突然私の携帯が鳴り、「あなたの荷物のバックが開いています。カウンターへ見に来てください」と。搭乗ゲートから安全検査を逆に進みカウンターに着くと確かに私の前には空いた口が開いたバックがありました。荷物を預けたときは完全にチャックはしまっていたのですが、真ん中の部分が割れた形で開いてました。私はバックの弁償を求めましたが、向こうも勝手に開いたんだと譲りません。結局言い合いをしている内に時間をロスして飛行機に乗り遅れました。この後、航空会社から謝罪はあったものの弁償は一切なしという返答が来ました。しかし、中国通はこれではあきらめません。絶対に諦めてはいけません。なぜかというと、今中国の大手の企業ではクレーム案件については、お客さんが認めるまで案件は残り続け、1つずつ階段を上って上の部門に押し上げられていきます。向こうが一番嫌がるのは、客が妥協しないこと。理不尽な事に対しては諦めず根気よく対応していくのが大切です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 07:08 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話

2014年01月27日

最近の風俗事情とパンダの行きつけのチープ風俗

  最近私は日本にいる事が多く中国へは出張ベースでしか行かなくなりました。毎月一回は必ずシンセン、広州に買い付けに行っています。今は愛人の徹底したマークがきついので、いつも自分で緊急事態を勝ってに作って超巧妙な嘘で大好きな風俗へ行っています。中国の北の方はお膝元北京の風俗規制を受けて大分クローズしましたが、シンセン、広州の風俗はまだまだ蔓延っていますよ。(はびこるってこの漢字でいいのかわかりませんが、変換したらこの漢字が出てきたので、これを使います)私は独立当初苦労したので、結構ローカル的なチープな所で済ませます。1時間あるマッサージの中で40分は普通にマッサージをしてもらい、残りの20分で乳首マッサージに切り替え。この残り20分が勝負です。(たまっている時は最初に抜き、後にマッサージです)乳首をくりくりしてもらっている間、監視役の男がちらちら窓から覗いてくるので細心の注意を払い、ずぼんの上から自分の手を入れてマスのスピードを調整します。女の子はあくまで乳首くりくりまでで、てこきはしてくれないので、フィニッシュできるかは自分の手にゆだねます。私も慣れるまでは、監視役の男にばれそうになり、(このマッサージ店は別にてこきコースがあるので、普通のマッサージコースで抜いてはいけないのです)慌てて椅子から転げ落ち、サービスでもらっていたあつーいお茶が顔面にかかったり、ちんちんがずぼんのチャックに挟まって思わず飛び跳ねてしまったり四苦八苦しました。シンセン、東莞、広州のマッサージ店はこういう普通のマッサージにプラスアルファのサービスをつけている所が多いんです。お値段は私が行っている所はすべて込みで1時間50元です。女の子にタッチをする場合は+30元〜50元くらいチップを渡さないとなかなか触らせてくれません。それと一つ言い忘れていました。フィニッシュ後のテッシュはお店のゴミ箱に入れるとばれるので、お持ち帰りになります。ポケットに入れるなりしてテイクアウトしてください。私はポケットに入れていることを忘れてて、奥さんになんだこれと言われて、さっき大量に鼻水が出たんだよととっさの嘘で乗り切りました。幸い時間が経っていてテッシュは乾燥していたので、何とかごまかせました(笑)



天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 08:36 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話

骨の中まで染み込んでいる反日感情

  おはようございます、パンダです。私の奥さんは中国人ですが、愛人もこれまた中国人です。私よりも9歳年上で子供は17歳。向こうも旦那と別れていないのでダブル不倫状態です。この愛人の子には凄い尽くしてもらっていますし、逆にまっすぐになられすぎて凄い怖いです。彼女と日本人について話をすることがよくあるのですが、彼女の放たれた一言がどうしても耳に残っています。「あなたの事は愛している、本当に愛している。結婚したい。でも私の骨の中には日本人が嫌いだというしこりがあり、それは完全払拭できない」幼いころからの反日教育というのは、思想だけではなく骨の中まで染み込んでしまっているのだと思います。この言葉を聞いた時なんて答えればいいか言葉に詰まってしまいました。確かに中国の反日番組を見ていると、ここまで見せるかというくらいえぐい映像を見せます。幼少時の脳が発達中の時に見た超強烈なインパクトを与えるあのえぐい映像は思ったより深い所まで行ってしまっているようです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 08:00 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話

尖閣問題のパンダの見解

  こんばんはパンダです。尖閣問題ですが、中国通のパンダが本質を突きます。テレビやマスコミの報道を見ていると上辺の中国事情しか知らない人達があーでもない、こーでもない発言をしていて本当にがっかりです。誰か本質を突くような発言をする人いないのでしょうか。唯一できるとしたら加藤嘉一君くらいかなと思いますが、彼は真面目そうだし、中国の本当のローカールの所まで足を踏み入れたことがないでしょうから、どこまで本質を突けるのかなーとも思ってしまいます。私もまだまだ青二才ですので、本質を突くというのは、驕りがありますが、少なくとも中国のかなりローカルまで突っ込んだ経験者なので、少しは参考にしていただけるのではないかなと思います。さてそれでは本題に入ります。まずこの尖閣問題ですが、日本が国有化したことにより日本と中国の戦争をする時期を何十年も早めてしまったと思います。中国で棚上げと言う方法は一つの解決方法なのです。玉虫色の結果も政治の中ではよく使う手法です。中国としては既に解決済みだった問題を日本側があえてそれを蒸し返す。しかも中国政府は金がだぶついて一番傲慢になっている時期、このタイミングは本当に最悪中の最悪でした。中国は金を持った時それに比例するどころか倍以上メンツの重要度がアップします。こうなると中国政府は何が何でも引くことはできません、同じく日本も国有化した以上、それを解除することは絶対にできないので、もうどちらも引くに引けない状況になってしまいました。どちらも引けない状況になると何で解決するかとなると衝突、すなわち戦争です。私は前々から思っていました。私みたいに中国のローカルに平気で足を踏み入れることができる人間は中国人の良い部分を大きく吸収できます。それができないとどうしても狭い視野で中国人を総括してしまいます。こうなってしまうとどうしても中国人とうまく歩み寄れないのです。中国は大きく人口も多い。日本人が日本人を理解するレベルで相手を判断すること自体間違いなんです。もっともっと奥が深いので、もっともっと踏み込まなければ本当の中国人を理解することはできないのです。これを分かっている日本人がいないから日中関係は口先ばかりの日中友好だけで終わってしまうんです。これじゃだめなんです。結局日本の政治家もこのレベルだから政府間同士でも一向に仲がよくならない。私は日中友好にならない原因は日本人側にあると思っています。私は32才ですが、私が生きている間は戦争は起こらないだろうなと思っていましたが、この尖閣問題の蒸し返しとこの最悪のタイミングでここ20年以内に戦争が起きると私は予想しています。本当に悲しいです。中国人はいっぱいいい人がいるんです。心が綺麗な人がいっぱいいるんです。衝突を避けることができると可能性として、中国の経済の大破綻により共産党が潰れる事、私みたいにローカルの地へ足を踏み込んで本当の中国人の良さを分かる人が全体の半分以上になることです。前者は可能性がありますが、後者は難しいかもしれないですね。私は日本人として本当に幸せだと思っていますし、日本人という民族は本当に素晴らしく日本人であることを誇りに思っています。でも中国にもいっぱい素晴らしい人はいますし、尊敬できる人もいっぱいいます。本当の日中友好になるためには、私達日本人側が考え方を変えないといけないのではないでしょうか。





天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:44 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話

2014年01月25日

皆さまお久しぶりです

皆さまご無沙汰しております。中国雑記団のパンダです。約4年半ぶりくらいに更新します。2004年からブログを始めもう気づいたら10年です。10年前は私も学校卒業したばかりの青二才の22歳でした。今ももちろん青二才のままですが、2000年から中国に滞在をして2004年に学校を卒業して就職することなく自分で会社を起こし今に至りますが、この10年間いろいろな人と出会い喧嘩別れもあり、裏切ってしまったこともあり、裏切られてしまったこともあり、また今もお付き合いさせていただいている人もいたり本当に反省することも多々ある中、いろいろな方とお会いして本当にいろんな事を勉強させていただきました。このような中で私が得た教訓は謙虚であること、人よりも半歩努力をすること、忍耐力を持つこと、人との縁を大切にすること、人の批判をしっかりとヒアリングすることだという事が自分のビジネスがどん底に落ちてどん底から這い上がるときに身に染みてわかりました。話はそれましたが、今後このブログでは私の実践に基づいた中国関連全般について皆様のお役に立てる情報を配信させていただきたいと思っております。昔私が掲載した記事は非公開にしていたものが沢山ありましたが、再公開いたしました。状況も大分変っていて記事に書いてある情報は今では役に立たない内容ばかりですが、面白半分見ていただく程度でお願いいたします。それでは中国北京雑記団、中国雑記団に名前変更して再開します。不定期更新になりますが、皆様のお役に立てる記事を載せるようにいたしますので、よろしくお願いいたします。

天然石素材屋

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。