2014年02月05日

「紅包」とか何か?

9090.jpg  

  パンダです。明日日本へ帰ります。春節は中国にいる愛人とそして目を盗んで風俗へ行ってゆっくり過ごしました。明日から日本へ戻り、すぐに仕事の開始です。今日の記事ですが、中国の春節は「紅包」を渡す習慣があります。「紅包」とは何かといいますと、お年玉と言う方がいいますが、それは違います。「紅包」とは渡した相手に対してこの1年間良い運が来ますようにとか、何事も順風満帆で行きますようようにとか、魔除け的な一つのお守り的な意味合いもあります。人によっていろいろな解釈があります。渡す相手は基本的に上の身分の人から下の身分の人に渡す形になります。中国の会社内では、同じくらいの役職の者同士が俺の方が上だということを示すためには先にそのライバルに「紅包」を渡したりしようするトラブルなどもよく耳にします。入れる金額はあまり重要でなく、儀式的に渡すケースが多いです。私もいくつかもらいましたが、10元とか20元とかです(最高50元)もし皆さんも中国の春節の時に中国にいらっしゃる場合は、「紅包」を渡してみてはいかかでしょうか?中国人は迷信的な人も多く結構喜ばれます。ちなみにこの「紅包」ですが、「利是」ともいいますが、ほとんどの人は「紅包」といいますので、この呼び方でいいと思います。余談ですが、先日風俗へ行ったときに「紅包」を持っていき、最後の最後に「紅包」を渡して驚かせてやろうと思いましたが、会計の108元を払うときに小姐から「ありがとう、紅包」と言われ、なぜ渡すことをわかったのだろうと不思議でしょうがなく、帰り際に「ねえ、なんで紅包渡すのわかったの?」と聞くと小姐が笑いながら「ちんちん触ってあげてた時にポケットからはみ出ていたよ」と言われました。その時私は心の中で「えーーーーはみ出ていたのは社会の窓からはみ出てたちんちんだけじゃなかったのー!?」と叫び続けました。サプライズを与える所かこちらがサプライズを受けてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 17:26 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ、お得情報 

香港のHSBC個人口座の注意点

090.jpg  


  パンダです。今日香港HSBCに行って個人口座を開設しようとしましたら、日本ではありえない制限がありました。普通の口座の場合3か月単位で毎日平均で5000香港ドルもしくはそれ相当の外貨が入っていないと毎月120香港ドルの口座維持手数料がかかるとのこと、プレミア口座の場合100万香港ドル以上預金がないと毎月380香港ドルの口座維持手数料が取られるとのことです。私は香港HSBCの法人口座を持っているので、これは驚きませんでしたが、驚いたのが普通口座の場合、日本円を15万以上窓口で入金する際に0.25%の手数料がかかるとのことです。プレミアですと30万以上で同じく0.25%の手数料がかかるとのことです。私も最初この説明を受けていなく口座を開設した後にこの事を知らされ、その担当者にこんな大事な事をなぜ最後に言うんだと文句をいい、その場ですぐに解約しました。殿様商売もいい所ですと言いたいところですが、マネロン防止策なんだなと思いました。法人口座はこのような制限はないのですが、如何せん入金の記録が残り、課税対象になりかねません。うまくできているものです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:41 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ、お得情報 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。