2014年02月07日

こういう習慣があります

春節時に食べる水餃子の中に1元硬貨を入れる習慣があります。どういう事か説明いたします。まず水餃子とは基本的にめでたい時に食べる習慣がある食べ物です。特に春節時には中国の北部の人達はまず間違いなく食べます。この水餃子は出来合いの物を買ってくるのではなく、自分たちで包んで作ります。春節時は今年一年良い運が来ることや、お金がいっぱい稼げる年になるようにという事を凄い重視します。この餃子の具の中に1元硬貨を入れるというのは、食べあてた人がこの1年間裕福になれるという意味合いがあります。それともう一つ狭義では、皆この1元硬貨入りの餃子を食べあてるために夢中になって食べるので普通に食べるより多く食べることができるとか、和気あいあいとなり食欲も増加して良い雰囲気作りができるという意味もあるそうです。しかしながら、日本人にとって食べ物の中にお金を入れるというのは抵抗があります。中国人の中でもそれを嫌う人がいて1元硬貨の代わりにピーナッツを入れたり、飴を入れたりする人もあります。私は2回ほどこの1元硬貨入りの餃子を包むところから参加して皆と一緒に食べたことがあります。なんと2回目の時に食べあててしまったのですが、歯の詰め物をしているところで思いっきり噛んでしまって詰め物が外れてしまい、その外れたところから空気が入ると神経に通じてめちゃくちゃ痛い思いをしました。しかも春節期間歯医者が休みで1週間つらい思いをしました。でもよくよく思い出してみたところ、あの1元私は包んではいなかったですが、包むときに誰か1元持っていないと言われ、私が提供した1元でした。自業自得でした。しかもこの1年裕福になるところか、投資で失敗をした年でした。踏んだり蹴ったりでしたが、今は良い経験だったと思っています。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 22:12 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

食事の際のビジネスマナー

 こんばんはパンダです。今日は中国のビジネスマナーについて私の実体験から得た教訓をお話します。私は事例から普遍を見つける帰属型の人間でして、演繹型の人間ではありません。ほとんど経験からいろいろな知識を身につけています。私は日本と中国を行き来していて日中間のビジネスに関わっていることと中国に長年滞在していて中国語もできるので、よく中国人社長に食事に誘われます。この食事の席に私はよく愛人も連れていくのですが、愛人に指摘を受けたことがあります。いくつかあげます。

1、例えどんな高級料理が出てきても驚く顔をせずに、いつも食べているくらいの表情を出せ。

2、がつがつ食べすぎでみっともない。何日間も食事をしていない貧乏人と思われるから、
この食事会の後に、ファーストフードをがぶついてもいいので、今は箸を少しつつくくら
いにしなさい。

3、ご馳走してもらうにしても、へりくだり過ぎる態度を取る必要なし。中国人にこれをすると却って下に見られて損をする。少し気を遣う程度で対等な形で話をしなさい。

4、誘われた食事でもお金を払うときは、必ず今日は私が払うという事を常にいうことを忘れるな。これが礼儀だし、相手のメンツを立てることになる。

この愛人の提言を聞いて私は中国に長年いるにも関わらずこんな事すらわからずまだまだひよっこだとつくづく思いました。ちなみに私の愛人は某5つ星ホテルの日本料理屋のマネージャーでして、いろいろな業界のお金持ち達が食事に来るので、いろいろな局面を見ていますし、時には同席しているので、彼女の言葉は非常に重みのある言葉でした。上で1〜4まで書きましたが、ビジネスの世界では当たり前かもしれませんが、ご参考まで。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 22:09 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。