2014年03月18日

すみません、結末書きます。

  パンダです。この物語の結末を書くのを忘れていました。この小三に家庭を破壊された妻は理性を失い逮捕されるのを覚悟でとんでもない行動に出ました。2012年の2月バレンタインデーの前夜を選び『妻』は小三の携帯電話と旦那の携帯電話から入手した旦那と小三の猥褻な写真36枚とその他複数の男とのSEXビデオを小三の会社の社員全員あて、その他関係会社へ一斉にメールをしました。小三は台湾のソフト会社に籍を置いており、電話セールスからこつこつと長年積み上げて中関村ではそこそこ名前が通ったホワイトカラーの人物であった。彼女を知っている人も多かったのである。それだけにこの日は中関村には衝撃が走った。まさか彼女が、、、写真には一切加工もされていなく、その人物が誰であるかは一目瞭然であった。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:27 | 香港 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2014年03月13日

続きです

  パンダです。皆さま大変申し訳ございません、中国出張に行っていまして更新が出来ませんでした。続きを書きます。旦那はどうやって彼女と知り合ったか、今までの経緯についても私に教えてくれた。そして正直に小三を妊娠をさせてしまったことも話してくれた。その時はお金を払ったとのことだった。旦那は私に許してくれと言ってきた。私は体が麻痺した。そういわれても何の感覚もなかった。でも気持ちは嘘をつかない、ただただ涙がでるだけだった。言葉は一言も出したくなかった。その後旦那と私は少しだけ同じ共感を得る事が出来た。まだ人生は継続するのである。私達はお互いに反省をしたと思う。少なくとも私は。旦那に対しては私はどうしても評価をすることができない。よしそれなら船酔いを回避できなかったということでこの事は流そう。でも私は心底わかっている。こういう風に割り切ろうとしているのは、すべては子供のため。人は皆裏表があるんだ。。。私にとってこの一件は終わったと言っても終わり切れていない。。。この1年で他にもいっぱいいろいろな事が起きた。本当にいろいろな事が起きた。小三の恥知らずの行為は挙げきれないほどだ。もう考えたくもなければ言いたくもない。私も人が変わってしまった。以前は考える事すらなかった映画の中の出来事みたいな行為を考えてしまう。もともと私の物だったものを小三に取られた。私がしてもらえなかったことを、小三はしてもらっている。世の中は不公平な事が沢山あるものだ。ただそうは言っても我慢できないことだってある。小三のメール、SEXビデオを公に出しても何がどうなるわけでもないのだが、それでも私はこの1年間どれだけ散々な思いをしたのだろう。私の家庭はもう以前のような家庭には戻れないのだ。しかし小三はどうかというと失ったものは無く得るものしかなかったのだ。美人で正統派のようなふりをしているが本当はとんでもない恥知らずの厚かましい女!!もしかしたら考え方の違いだけなのか、もしかしたら小三の言う通りお互いが好きになってお互いがその条件で受け入れる事が出来るという事であればそれは間違った事ではないという理屈は通るのかもしれない。もう私は何が正しくて何が悪いのかわからなくってしまった。私は大分前から小三に警告のメールをしていた。もう私の旦那に対して連絡をするな、他の人の気持ちを考えろと言った。その時本当は自分の手で思いっきりビンタをしてやりたかったのだがメールにした。しかし小三はまだ私の旦那に連絡をした。マイペースで自分の快楽しか考えない人間である。私の家庭は壊れたがたがたの道を歩いているというのに。。。そこで私は小三の携帯からコピーしたビデオと旦那の携帯から入手した写真を私の友達へ渡して整理してもらうことにした。整理してもらうとはどういうことかというと?そうです、この小三の醜態を世にさらけ出します。この小三の口と顔、そしてこの正統派のふりをしている下衆の極みの女、人の家庭を壊しても何とも思わないこの女の正体を暴露してやります。彼女の日記はここで終わっています。
その後どうなったのかはよくわかりません。最後まで読んでくださった方には感謝いたします。なるべく直訳にこだわったので、変な日本語になっていますが、ご理解ください。









天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:04 | 香港 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2014年03月03日

またまた続きです

66.jpg99.jpg パンダです。続きを書きます。私が小三に妻子がある男性の女になることについての話題をすると小三はこう答えた。それはお互いが好きになってお互いがその形でも良いかどうか納得するかどうかの問題だ。感情というものは何が正しくて何が悪いという事はない。それ以外にもどうやって男を喜ばせるかなどについても教えてもらった。小三は更に続けて、もし気に入った男を手に入れることができなかったら、そして自分の好きな物を手に入れることが出来なければ、そういう女は失敗した女だと言える。男はお金を持っている時に愛した女性こそが本当に愛した女性である。金の無い男は金が出来ると心は変わる。だから女は金がある男を探さないといけない。私はわからなかった。この事に関してこんなにも考え方の違いがあるものなのか。彼女は私と旦那がどういう過程を過ごしてきたかわからないのか?結婚とは法律の保護を受けるという事がわからないのか?私は彼女がこんな事すらわからないのがわからなかった。私は彼女と旦那の関係を知っているにも関わらず知らないふりをしていろいろ質問をしたが、小三は全く躊躇することなく自分の考えをどんどん述べた。私はなんて演技ができる人間なんだ、演技をしないと本当にもったいないなとつくづく思った。彼女とは何回か食事を一緒にしたことがあるが、毎回彼女がカードで支払う。ある時いつもどこかで見覚えがあるカードを見た。ブラックカードであった。理由をつけて見せてくれと言い見せてもらうと何とそこには私の旦那の名前が。。。彼女が言うにはこれは私の普通の友達のカードだという。彼女に預けてポイントでも貯めているのか?そんな馬鹿な。。。この時期旦那はいろいろな変化があった。収入と預金が大きく無くなっていた時期だ。私は小三の詳細を知ることと本当の顔を知った後、更に踏み込んだ行動に出ないといけないと思った。2010年12月小三とご飯を食べる機会を設けた。そこで私は彼女の携帯を盗んだ。私はこの携帯の中身はいろいろな内容が詰まっているはずだと思ったからだ。盗むという行為は不道徳な行為だ。もちろんそれはわかっている。携帯にはパスワードがあったが、パスワード解除できる人間を探して解除させた。携帯の中身を見て私が一番驚いたのは私の旦那は彼女の中の一人の男に過ぎなかったということだ。同時進行で何人もの男と愛人関係にあったのだ。私は認める、彼女の容姿は悪くない、妖艶であり、化粧もうまい。話もうまく、演技もでき、性格も明るい。しかし若ければこのような低俗な行為をしてもいいのか?愛人になっていいのか?しかも同時に何人もと?女性の若い時期は何年あるのか?このようにやりたい放題でいいのか?私が一番受け入れらなかったのは、携帯の中にいろいろな男とのセックスの動画があったことだ。こういう趣味があるのか?もちろんその中には私の旦那のも含まれていた。この小三は社会の寄生虫だ。騙し食い、騙し飲みする最低の人間だ。私は十分過ぎるカードを手に入れた。出撃の時が来た。小三が何もない日を狙って彼女をショッピングに誘った。その途中旦那にショートメールをして私を迎えに来させた。このようにして3人で会うようにした。私はその時の雰囲気に応じて、2人とも知り合いなの?とあえて聞いた。旦那がどんどんばつの悪い顔をし始めた。何を言えばいいかわからない様子だ。私は嬉しかった。でも嬉しくても意味がない。私の心は既に壊れている。しかし小三は全く動じない態度に出た。全く顔色を変えず、心拍数も変わらず、私達は友達だといった。なんだあなたが奥さんだったのかと言った。世界は小さいねなどの事を言った。私は感情を全く顔に出さずに彼女を見た。若くて綺麗な子だが、心の中は猛毒の女。それではまた会いましょうと言って帰る時に車の窓を開けて小三のピンクのサムソンの携帯を取り出しそれを手に持ってその手でバイバイと手を振ってやろうとしたが、やっぱりやめた。結局その携帯は速達で彼女に送り返した。数人の男優と一人の女優の動画は私のパソコン上に保存され次の日私の手から離れた。すみません、一旦切ります。



天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:00 | 香港 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2014年03月01日

昨日の続きです

77.jpg  パンダです。昨日は途中で眠くなってしまい、途中で切れてしまい申し訳ありません。さて続きを書きます。専業主婦になる前、私は会社の中では上のクラスにいた。私は仮名でこの電話番号に電話した。MSNにも追加した。そしてこの小三の個人の経歴を入手することができた。年齢差があまりないという事で私と小三の話題は沢山あった。最初話している時は私の彼女へ対しての印象は良かった。私は自分で自分を疑った。あまりにも懐疑的になる過ぎていたのかな?そんなに軽い女には思えなかった。しかし、あのショートメール、ビデオ、写真を思い出すとだめだ表面的な所で惑わされてはいけないと言い聞かせた。今小三と話をするようになった。しかしこの人は全く入れる穴がなく、潜り込める穴もない。表面上は人、裏では鬼。手段が狡猾すぎて吐血をさせてしまうくらいだ。もっと深く小三を知るため私は彼女と友達になった。私は彼女の信用を得た。親友と言っても過言ではないくらいの友達だ。私達の話題も必然と多くなり、また開放的になった。小三の本当の顔が現れてきた。彼女は何よりも自分のほしい物を入手することを第一に考える人間で、しかも開放的な人間だと確信した。とにかく何事も良い思いをすることが大前提で、食べ物、着るもの、遊ぶものすべてにおいて高品質の物を求めた。正しき人間として原則を守らなければならない。彼女の言った言葉で覚えていることがある。彼女はこう言った「条件が揃っている女は自分の条件をしっかりと利用しないといけない。そうすれば頑張る時間を大幅に短縮できる。優秀な男とはあらかじめ条件が揃っている女のために準備されたものである」私と旦那は他の人より優秀だ。生活ももっと自由自在にできるはずだ。そんなに苦労しなくてもいいはずだ。すみません、また睡魔が。明日で勘弁してください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:50 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

昨日の続きです

0.jpg890.jpg

  パンダです。昨日の続きを書きます。旦那を取られた妻はとんでもない行動に出ます。未だかつて一度も見たこともなかった旦那の携帯を恐る恐る見てみると案の定小三との熱々の内容のメールのやり取りを見つけてしまいました。彼女は自分の日記でこう書いています。旦那と知り合って5年、結婚して3年、子供はちょうど一歳を超えたところです。旦那は企業でマネージャーをしています。子供が生まれてからは私は専業主婦になりました。毎日とても充実した日を送っていました。使っている物も他の人より良いのものを使い、精神的にも他の人より上を行く生活をしていました。ただ今になってみれば私の心の中では彼は既に優秀な旦那ではなくなっていました。私達の生活は死んでいる同然の状態でした。そして少しずつ絶路へ向かっていました。私は一年間本当に苦しみました。深い傷を負いました。私の家庭に笑い声が戻ってくることはないです。すべては子供のため、こうなったのもすべてはこの小三のせいである。旦那が挙動不審な行動を取り始めたが最初の頃私はあまり気にしなかった。子供が出来てからは私の心と目は子供に向いていた。日常の生活ではお手伝いさんがいたが、長期に渡り夜はゆっくりと休むことが出来なかった。身も心も疲れていた。化粧やおめかしなどもすることはなくなり、以前のような仲睦まじい生活も、夫婦関係もなくなった。私はこれらの事を甘く見ていたのでしょう。旦那は面白くないと思い、起こってはいけないことが起こることになる。自然と言えば自然なのかもしれない。旦那は最初は嘘をついた。偶に家に帰らない。私は信じられなかった。私は30歳になったばかりだが、地味な生活を送る事、化粧もしない貧相な身なりになる事、家庭を第一に考える生活スタイル、そして高級であった外資企業を辞めてここまで来たのに、これでも私に何か不足な事があるのか?私は旦那の一挙一動を注意して見ることにした。旦那の携帯を見るその日までずっと注意して見ていた。そしてついに携帯を見る日が来てしまった。あの瞬間は本当に緊張した。何か見てしまうのが怖くてしょうがなかった。携帯の中のメール等はすべてパスワードが必要だった。私は子供の誕生日、結婚記念日などを入れた。そしてパスワードがかかっているショートメールに一つだけ名前が無い番号を見つけた。200通あった。一つずつ見た。遊び、食事、買い物、車を買うとき、ホテルへチェックインするときなどのショートメールのやりとりがあった。ブルートゥースで受け取ったビデオ、いろいろな写真、生活の写真、自分で自分を撮った写真などなど。ショートメールの最後の方には妊娠の問題についての内容であった。本当に驚いた。メールのやり取りで使われている言葉が低俗で露骨、私は天が崩れてきたと思った。全身力が無くなった。体が麻痺した状態で座っている。離婚という言葉が頭をよぎる。子供のため、親のため、自分のためにも簡単に離婚という道を選択してはいけない。しょうがない、私は絶対に何も起きていないと思わなければならない。強い気持ちでこの苦しみに耐えよう。泣くのもだめだ。落ち着いて、絶対にこの出来事の真相をはっきりとさせてみせる。すみません、一旦ここで切ります。続きは明日にします。すみません。












天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:31 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。