2014年03月01日

昨日の続きです

77.jpg  パンダです。昨日は途中で眠くなってしまい、途中で切れてしまい申し訳ありません。さて続きを書きます。専業主婦になる前、私は会社の中では上のクラスにいた。私は仮名でこの電話番号に電話した。MSNにも追加した。そしてこの小三の個人の経歴を入手することができた。年齢差があまりないという事で私と小三の話題は沢山あった。最初話している時は私の彼女へ対しての印象は良かった。私は自分で自分を疑った。あまりにも懐疑的になる過ぎていたのかな?そんなに軽い女には思えなかった。しかし、あのショートメール、ビデオ、写真を思い出すとだめだ表面的な所で惑わされてはいけないと言い聞かせた。今小三と話をするようになった。しかしこの人は全く入れる穴がなく、潜り込める穴もない。表面上は人、裏では鬼。手段が狡猾すぎて吐血をさせてしまうくらいだ。もっと深く小三を知るため私は彼女と友達になった。私は彼女の信用を得た。親友と言っても過言ではないくらいの友達だ。私達の話題も必然と多くなり、また開放的になった。小三の本当の顔が現れてきた。彼女は何よりも自分のほしい物を入手することを第一に考える人間で、しかも開放的な人間だと確信した。とにかく何事も良い思いをすることが大前提で、食べ物、着るもの、遊ぶものすべてにおいて高品質の物を求めた。正しき人間として原則を守らなければならない。彼女の言った言葉で覚えていることがある。彼女はこう言った「条件が揃っている女は自分の条件をしっかりと利用しないといけない。そうすれば頑張る時間を大幅に短縮できる。優秀な男とはあらかじめ条件が揃っている女のために準備されたものである」私と旦那は他の人より優秀だ。生活ももっと自由自在にできるはずだ。そんなに苦労しなくてもいいはずだ。すみません、また睡魔が。明日で勘弁してください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:50 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

昨日の続きです

0.jpg890.jpg

  パンダです。昨日の続きを書きます。旦那を取られた妻はとんでもない行動に出ます。未だかつて一度も見たこともなかった旦那の携帯を恐る恐る見てみると案の定小三との熱々の内容のメールのやり取りを見つけてしまいました。彼女は自分の日記でこう書いています。旦那と知り合って5年、結婚して3年、子供はちょうど一歳を超えたところです。旦那は企業でマネージャーをしています。子供が生まれてからは私は専業主婦になりました。毎日とても充実した日を送っていました。使っている物も他の人より良いのものを使い、精神的にも他の人より上を行く生活をしていました。ただ今になってみれば私の心の中では彼は既に優秀な旦那ではなくなっていました。私達の生活は死んでいる同然の状態でした。そして少しずつ絶路へ向かっていました。私は一年間本当に苦しみました。深い傷を負いました。私の家庭に笑い声が戻ってくることはないです。すべては子供のため、こうなったのもすべてはこの小三のせいである。旦那が挙動不審な行動を取り始めたが最初の頃私はあまり気にしなかった。子供が出来てからは私の心と目は子供に向いていた。日常の生活ではお手伝いさんがいたが、長期に渡り夜はゆっくりと休むことが出来なかった。身も心も疲れていた。化粧やおめかしなどもすることはなくなり、以前のような仲睦まじい生活も、夫婦関係もなくなった。私はこれらの事を甘く見ていたのでしょう。旦那は面白くないと思い、起こってはいけないことが起こることになる。自然と言えば自然なのかもしれない。旦那は最初は嘘をついた。偶に家に帰らない。私は信じられなかった。私は30歳になったばかりだが、地味な生活を送る事、化粧もしない貧相な身なりになる事、家庭を第一に考える生活スタイル、そして高級であった外資企業を辞めてここまで来たのに、これでも私に何か不足な事があるのか?私は旦那の一挙一動を注意して見ることにした。旦那の携帯を見るその日までずっと注意して見ていた。そしてついに携帯を見る日が来てしまった。あの瞬間は本当に緊張した。何か見てしまうのが怖くてしょうがなかった。携帯の中のメール等はすべてパスワードが必要だった。私は子供の誕生日、結婚記念日などを入れた。そしてパスワードがかかっているショートメールに一つだけ名前が無い番号を見つけた。200通あった。一つずつ見た。遊び、食事、買い物、車を買うとき、ホテルへチェックインするときなどのショートメールのやりとりがあった。ブルートゥースで受け取ったビデオ、いろいろな写真、生活の写真、自分で自分を撮った写真などなど。ショートメールの最後の方には妊娠の問題についての内容であった。本当に驚いた。メールのやり取りで使われている言葉が低俗で露骨、私は天が崩れてきたと思った。全身力が無くなった。体が麻痺した状態で座っている。離婚という言葉が頭をよぎる。子供のため、親のため、自分のためにも簡単に離婚という道を選択してはいけない。しょうがない、私は絶対に何も起きていないと思わなければならない。強い気持ちでこの苦しみに耐えよう。泣くのもだめだ。落ち着いて、絶対にこの出来事の真相をはっきりとさせてみせる。すみません、一旦ここで切ります。続きは明日にします。すみません。












天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:31 | 香港 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。