2014年02月09日

こんな事がよくあります

  パンダです。中国では患者もしくは患者の家族が医者を殴ったり、殺してしまうことがよくあります。中国の病院は完全もうけ主義で医者にある一定のノルマを課していることが多々あります。また医者も製薬会社からのバックもあるので、薬を必要以上に出したり、同じ薬を何回も出したりします。このような裏事情を一般の人達はよく知っていて自分の親族が亡くなったりすると医者に食って掛かります。私も自分の子供を中国の病院へ連れて行ったら初日はたいしたことないと言われて、いっぱい薬を出され、また明日様子をみたいので来てくださいと言われたので連れて行くと肺炎です、すぐに入院してくださいと言われました。あまりにもおかしいと思ったので、なんで昨日の段階でわからないのだと言うと、状況は午前中と午後で違ってくるんだと語気を強めて言ってきます。続きは次回書きます。
posted by ミンザーとパンダ at 00:32 | 香港 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。