2014年02月14日

新疆テロで思ふこと

  パンダです。新疆でまたテロが起きました。8人がその場で射殺され、3人が自爆テロで死亡とのことです。それにしても続くテロですが、中国政府としても相当手を焼いていると思います。私も新疆とチベットには商談で行ったことがあるのですが、はっきり言ってまともな商売の話ができません。特にチベットでは、下手したら殺されると思いました。松茸の商談で数人の中国人と日本企業の社長と訪問したのですが、農村部に松茸を見に行き、こちらがほしい松茸のレベルを伝えて持ってきてもらうことになりました。30分後という約束でしたが、2時間も待たされ、挙句の果てには全く違うものを持ってきました。こちらはふざけるなという気持ちを抑えてこれは買えないと言うと、目つきが変わりまるで狂った人間の顔つきになり、奇声を上げ何かを探し始めました。(後々わかったのですが、斧を探していたそうです)一緒に同行した人の中にチベット政府の関係者がいて、地元の言葉で何かを言ったらどこかに行ってしまいました。何を言ったか後々聞くと買いますと言ったそうです。買わないとこいつらは下手したら貴方の手を切り落としてしまっていたかもよと言われました。これは冗談ではないなと思いました。それほどありえないもはや人間の顔つきではない顔つきでした。中国政府は新疆、チベットの過激派の人達には相当手こずっていると思います。報道を見る限りでは中国政府が一方的に悪いように見えてしまいますが、実際そうでもない所もあると思います。うまく表現できませんが、私が出会った新疆、チベットの人達は本当に別世界の人で同じ地球人なのかと思うくらいどのような価値観を持っているのか全く持ってわかることができなかったです。



posted by ミンザーとパンダ at 23:04 | 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダの独断と偏見 経験話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388572211
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。