2007年10月16日

飲酒運転取り締まり強化

photo011.jpg

photo013.jpg

最近北京では飲酒運転の取締りが強化されています。夜になると橋の下、死角になっている曲がり角など至るところで抜き打ちの飲酒運転の検問をしています。私が見かけた場所は橋の下でしたが、そこにはテレビ局の記者、カメラマン、インタビューする人も同行していました。私も野次馬に混じってその様子をみていましたが、大体50台に1台の確率で検問にひっかかっていました。検問で問題があった運転手が出るとすぐに記者達が押し寄せて、ライトを焚き、カメラを回し、インタビューに取り掛かります。私が見ていた中では、合計で3人検問で捕まった人を見ましたが、いずれの運転手も素直にインタビューに応じていました。これは公安が同行しているからなのでしょうが、改めて中国公安の威厳を感じました。また、記者達も取材を邪魔する者がでると、強気で「なんだーこらー、何の用事だー」と威張り散らしていました。やはりこれも公安と同行しているからなのでしょう。また、飲酒運転の罰はとても厳しく、一定の量を超えると免許を失うと同時に、留置所に7日〜10日拘留されます。公安の友人の話によるとかなりの数の拘留者が出ているそうです。










天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:36 | 北京 | Comment(6) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年10月15日

北京地下鉄値下げ

昨日は更新ができずにすみませんでした。北京の地下鉄ですが、今までは一律3元でしたが、2元に値下がりしました。これは北京市内の渋滞が深刻になっているため、もっと多くの人に地下鉄を利用してもらい、渋滞を緩和する目的、もう一つはバスの値段が値下したため、(最大6割引)地下鉄の利用者減少を防ぐためです。公共の乗り物の値段を下げ、車での移動を減少して、渋滞緩和を狙う戦略でしょうが、果たしてそれは功を奏するのでしょうか。最近北京市内の空が晴れたときは青く見えるようになりましたが、少しずつ効果が出てきているのかもしれません。オリンピックに向けて、環境に力を入れています。


天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:02 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年10月13日

続きです

またまた昨日の続きです。ビール瓶が頭に命中して、ビール瓶が割れました。撤去隊は幸いヘルメットをかぶっていたので、何ともなかったですが、さすがにこれにきれた撤去隊はすぐに引き返し、子供を追っかけだしました。これに周りの野次馬達が反応しました。野次馬達は一斉に撤去隊を罵り始めました。「殴るなー、帰れー」を連呼し始めました。この言葉に撤去隊は動揺することなく子供を追っかけまわしています。そうすると野次馬の中から一人出てきて、子供を抱き抱えて脇道に隠れてしまいました。これによって撤去隊は追いかけるのをやめて、車に戻り現場を去ることになりました。そして、今まで黙っていた他の野次馬達が撤去隊に向かってあまり大きな声ではなかったですが、「弱いものいじめをして何が面白いんだ、そんなもの回収して何に使うんだ、それを売って金にして自分らで分けるんだろ」
などと罵り始めました。これには驚きました。なぜなら野次馬達は法律違反をしている商人でははなく、それを取り締まっている撤去隊を罵り始めたからです。これは、一つの政府へ対しての国民の不満の表れなのでしょうか。今まではこんな事は口にはださなかったはずです。先日も庶民が公安に殴られたというデマを聞いた一部の人が怒ってパトカーを燃やしたりなど、国民の政府に対する不満は少しずつ明るみになってきているような気がします。








天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:39 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年10月12日

昨日の続きです

昨日の続きです。棍棒と盾を持った大男達は、「法律に基づいて撤去する」とリーダー格の男が言葉を発した後に、まるで狂ったかのように外に出していた料理が載っているテーブルを蹴飛ばし、調理道具をめちゃくちゃにしてひっくり返し、道路の横付けしていたごみ回収車にどんどん投げ込み始めました。これにお店の人も抵抗し始めると、さすがに棍棒ではなぐりませんでしたが、盾で押し飛ばしたり、素手で突き飛ばしていました。撤去作業はわずか2分で終わり、道路にはまだ作ったばかりの料理が散乱、テーブル、調理道具の破片が飛び散りました。さんざんめちゃくちゃにしておいて、散らかった現場もそのまんまで現場を去ろうとしたそのときでした。父、母が殴られる姿、仕事場をめちゃくちゃにされたその光景を目の当たりにした子供が(年の頃は10歳くらいの子でしょうか)黙っていられませんでした。現場を立ち去る撤去隊めがけて、ビール瓶を頭めがけて投げつけてしまいました。これが見事に命中。撤去隊はすぐに引き戻しこの子供を追いかけだしました。この後、私も今まで見たことのない事が起こりました。。。。続きは明日です。





天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:47 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年10月10日

広州都市管理部隊路上商人をめちゃくちゃにする

dd.jpg

長らく更新していなく、大変申し訳ございません。長期出張でばたばたしており、ようやく落ち着いたところです。
さて、今日は出張先広州で起こった事件を取り上げます。宿泊していたホテルのすぐ目の前の路上でその事件はおきました。
夜の11時ごろです。仕事も終わり、小腹がすいたので、屋台でご飯を食べに行ってお姉ちゃんでも探しに行こうかと思って外に出ました。ホテルのすぐ近くの屋台で秋刀魚の串焼きを食べていたら、後ろで悲鳴が上がりました。そして、私が食べていた屋台も路上を占拠していたテーブルをお客さんの食べ物がテーブルの上に乗っているにも関わらず物凄い勢いでお店の中に片付けれました。なんの事かと思って後ろを振り向くと、、、、、、上の写真の光景が私の目に入ってきました。このお店は私が秋刀魚を食べていた屋台のすぐ隣でした。私は後ろ向きになっていたので、何が起こったか一瞬分りませんでしたが、後ろを振り向くと180CMを超える大男達が棍棒、盾を持って仁王立ちをしています。そして、この大男達約20人が有無を言わずなんと。。。。。。。   続きは明日にします。



天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 18:19 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月11日

遊泳禁止で入っています

DSCF1190.JPG

昨日の記事で紹介させていただきました故宮ーイワエンの水路ですが、ここは船が通るため大変危険なので、遊泳禁止になっています。しかし、船が横を通る過ぎているのにもかかわらず、若者からお年寄りまで遊泳を楽しんでいます。写真は船の上から撮っています。(写真リャンミン様提供)船が通り過ぎても平然としていて、むしろ船が起こす波を楽しんでいました。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:02 | 北京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月10日

北京動物園とイワエンを通じる水路発見

DSCF1187.JPG

DSCF1196.JPG

意外と皆さん知らないと思いますが、実は北京にある北京動物園からイワエンまで水路が通じていて、小船でイワエンまで行くことができるのです。イワエンとは皇帝の庭園としていまや世界遺産にもなっていますが、実はこの水路ですが、始点は故宮なのです。故宮の周りを囲っている水路からイワエンまで直通でいけるようになっています。その昔皇帝は故宮からイワエンまではこの小船で移動されていたそうです。距離にしたら相当な距離ですが、船で移動すればスムーズに行けば30分かからずにいけてしまうでしょう。故宮とイワエンこの2つは離れていますが、皇帝の行く場所ですから、点と点はきちんと線で結ばれていたようです。







天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:46 | 北京 | Comment(3) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月08日

前列オールスタンドアップ!!

DSCF1175.JPG

DSCF1171.JPG

 このブログでリャンミン日記を書いてくれたことのあるリャンミンさんとマッサージの女の子を連れて4人で水族館へデートに行きました。水族館も一通り見学し終わって、メインのイルカショーを見ることにしました。席は2階ですが、前から3番目の席をゲットして、さあーゆっくりショーを見れるぞと思っていたのですが、ショーが始まったとたん前列の客がオールスタンドアップしました。2列目以降の人が一斉に「座れ!!」と叫びだしましたが、そんなのにびくともせず、終始たちっぱなしでした。会場には警備員もおらず、誰もオールスタンドアップしている前列の人を座らすことができませんでした。オリンピックまで後1年をきりましたが、オリンピックもこうなってしまうのでは?とちょっと不安です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 05:25 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月07日

中国人と中国ルールでマージャン

昨日は徹夜マージャンをしていたため、更新ができませんでした。申し訳ありません。今日の記事は昨日のマージャンの事を書きます。昨日のマージャンはブログでも紹介している中国式KTVの社長、ママ、ボーイ、私と異色のメンバーで打ちました。中国ルールを知らない私日本人が中国マージャンルールで中国人に勝負を挑みました。
勝負が始まったばかりの頃は、中国人3人は私に凄いフレンドリーでしたが、勝負がある程度進んで負けが増えてくると、さっきまでフレンドリーだったのが、急に豹変して、「遅い!牌を前に出せ!牌を綺麗に捨てるな!」などいらいらし始めてきました。まあ、中国人は喜怒哀楽がはっきりしているというのは分っているので、私も動揺はしませんでしが、笑えるのは勝ち始めてくると「なかなかいい腕をしているね。上がりが早いね。日本ルールみたいに綺麗に並べて捨てるのは見習うべきだね。」などど、急に機嫌がよくなりました。「な、なんて単純なんだ」と笑いを堪えるのが大変でした。結果はテンホーを出したママの一人勝ちでしたが、私は160元負けたものの何とか2位でありました。中国ではマージャンのルールは各地方によって違いますが、昨日は場所が北京という事で、北京ルールで行いました。それでは北京ルールを少し紹介させてもらいます。

1、ポン、チーをしてやく無しで上がるのはかまわないが、鳴いていて振った場合相手に倍の点数を払わないといけない。

2、ドラはすべての牌の代わりになることができる。

3、イーペーコー、三色、タンヤオ、ピンフ、チャンタ、サンアンコーがない。

4、チートーイツが倍満である。

5、リーチはかけれない。

その他は基本的に日本と同じあります。次に注意点です。

1、牌はきたなく捨てる!!綺麗に捨てるとクレームの対象。自分の手が悪いときはたたきつける様に捨てても周りからの文句は一切なし!!

2、前の前の人がまだ捨てていなくても先に牌をとってみていても文句のいう奴無し!!むしろ前の人が捨ててから取っているようじゃ罵られる!!

3、隙を見て牌を捨てるときに裏返しにして捨てても良し!!もしそれを見逃して、過ぎてしまったら、見逃してしまったほうが悪い!!

少し面白く書きましたが、これは事実です。ちなみに自動マージャンの部屋代は1晩10元(150円)の安さでありました。





























天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:34 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月05日

あーいえばこういう。

最近床屋(正規の)に行くとお店の会員カードの営業がとてもしつこいです。この会員カードを作ると一回でまとまったお金を払う分、毎回髪を切るときに確かに安くなり、長い目でみれば確かにお得なのですが、しつこすぎて無礼な営業にはうんざりです。中国では髪を切る前に専属で髪を洗うお姉ちゃんがいますが、このおねえちゃんが髪を洗いながらしつこくカード購入を薦めて来ます。以下会話形式です。

お姉ちゃん:お得な会員カードがありますが、今日作りませんか?

パンダ:あまりここで髪は切らないからいらないよ。

お姉ちゃん:でも、このカードは有効期限はないです。

パンダ:でも、お店がつぶれたらこのカードは無効になるでしょ。

お姉ちゃん:お店がつぶれることはない。

パンダ:そんなのわからないでしょうよ。

お姉ちゃん:これだけ従業員がいて、これだけ大きな店がつぶれると思うか?

パンダ:なによそれ、説明になっていないよ。

お姉ちゃん:とにかくこのカードを作れば毎回20%オフになります。

パンダ:それは分っているよ。

お姉ちゃん:わかっているなら、なぜ早く作ろうとしないんだ?

パンダ:そんな営業の仕方ないでしょう。

お姉ちゃん:私だって大変なんだ。毎月ある程度売らないとお店に罰金を払わないといけないんだ。

パンダ:それはそっちの都合でしょ、こっちとは関係ないよ。

お姉ちゃん:私達は髪を洗う専属で1回髪を洗うだけで2元しかもらえいんだ。

パンダ:そういうのは、店長に文句を言ってよ。

お姉ちゃん:だからこそあなたにカードを作ってもらいたいんだ。

パンダ:なんか随分と自分勝手な人だな。

お姉ちゃん:そんなことない、あなたにも得があるから薦めている。

パンダ:でも、今日はお金の持ち合わせがないから作らん!!

お姉ちゃん:それは関係ない。

パンダ:何が関係ないというのか?

お姉ちゃん:カードで払えばいい。

パンダ:何でカード使うのにあなたに指図されないといけないのよ。

お姉ちゃん:何度も言っている通りとにかく得だから言っているんだ。

パンダ:自分勝手な人だな、今日はカードも持っていないから、だめだだめだ。

お姉ちゃん:それなら、あるだけのお金を払ってまずはカードを作り
足りないお金は次回払えばいい。

パンダ:だから、何であんたがそんなにえらそうに指図するんだ!しかもあるだけの金を払っていけばいいとはどういうことだ。

お姉ちゃん:そういうことだ。それだけ得があるということだ。

パンダ:得、得とか言って君の得にしかならないだろう、どうせ。

お姉ちゃん:これはWINWINの法則だ。

すみなせん、これ以上書くと見苦しくなるので、ここで打ち切ります。。。







































天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 05:06 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月04日

中国人の約束について

 中国人は約束を守らないとよく言われますが、その背景はやはり大陸の歴史背景と大きく関係しているため、ある程度はしょうがない部分もあるのかもしれません。我々島国日本とは違い、陸つながりの大陸であるため、今ではそんなことはありませんが、四方八方から外敵がいつ攻めてくるか分らないという状況下であるため、その日その日の状況が変わるのは当たり前で、どうしても「必ずこうする」という約束はできず、「明日には明日の風が吹く」というスタンスになってしまうのだと思います。ですので、私達の対策としては、約束をしてもそれを信じすぎないことです。信じすぎてしまうから約束を果たせなかったときに、余計に怒りがこみ上げてきてしまうのです。約束していても大体50パーセントくらいに見ておくのが無難です。ビジネスの失敗例を見ると、やはり容易に相手の約束を信じすぎてしまって、そういう時に限って大きな勝負をされていたりするものです。こうなると、日本人はまず騙されたとしか思わないでしょうが、それはそうではなく、相手からしてみれば騙しているという感覚ではなく、「しょうがない」としか思っていないと思います。とにかく日本とは違い約束の重みが違います。よく言ったことに責任をもたないとか、
約束をすぐ破るといわれがちですが、決して悪気があるのではなく、そういう土地柄、歴史背景があるのです。これをこちらが理解してあげるとうまく付き合っていけると思います。




天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:48 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月03日

昨日の続きです

昨日の続きです。この遊園地ですが、名前は huan le gu (ホワンラグウ)といいます。ここは観賞性、娯楽性、趣味性を揃えた日本で言うディズニーランドみたいなところです。中国の広大な大地を贅沢に使った超大型遊園地です。平日でも家族連れ、地方からの旅行客、アベックなどでとにかく込んでいます。写真を見てもらえれば分ると思いますが、人気の乗り物は1時間半〜2時間ははあたり前のように待たされます。場所ですが、東4環状線の huan le gu (ホワンラグウ)と言えば、大抵の運転手は知っています。市内から約30分くらいのところです。フリーパスは一人160元(2500円)です。敷地が広いので、人目に付かないところでアベックがいちゃついていたり、ヨーロッパ人が上半身裸で騒いでいたり、なかなか面白いところです。女の子を連れて行くと絶対に喜ばれると思います。



天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:33 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月02日

北京の東4環の遊園地

P1010016.JPG

とりあえず写真だけ載せておきます。詳しくは明日書きます。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:18 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年09月01日

桂林の陽朔で気球にのれます

sDSCN26671.jpg

桂林の陽朔というところで気球に乗ることができます。離陸は畑の横の空き地みたいなところから上がるのですが、着陸は建設中の高速道路の上。なんか中国らしさを感じました。値段は30分飛行で500元ぐらいでありました。写真は空から撮った写真です。





天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:09 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月31日

お勧めの火鍋屋さん 

 139750_B.jpg

 中国北京雑記団一押しの火鍋屋さんの紹介です。火鍋と言っても日本ではなじみがないと思いますが、日本で言ういわゆるしゃぶしゃぶです。このお店の名前は海底火鍋といいます。北京でもチェーン店化していて、いろいろなところで見かけます。チェーン店化しているため、各お店によって味の違いがありますが、一番のお勧めの場所は中国北京雑記団でもご紹介している中国式ナイトクラブの真上にある3階のお店です。このお店はサービスの教育もしっかりされています。まるで日本にいると変わらないくらい従業員の腰が低く、とても気が利きます。また、肝心な味ですが、肉、野菜、海鮮すべてにおいて新鮮で、スープも抜群です。(特にしゃぶしゃぶする前に出される1杯目のスープが薄口で日本人の口にぴったりです)気になる値段ですが、3〜4人でお腹いっぱい食べて飲んでも大体合計で300元(4500円)いかないくらいです。味よし、値段よしのこのお店は本当にお勧めです。
また、こちらの火鍋を食べ終えて、精力をつけられた後、そのまま1階下に降りていただくと、中国北京雑記団でも紹介している中国式ナイトクラブへたどり着くことができます。食事を終えた後、タクシーで移動することもなくそのまま下に降りていただくだけでOKでございます。

住所;北京市亜運村恵新東橋東南角 北奥大厦(3階)

お店の名前:海底火鍋

これを運転手に見せればここに辿りつけるはずです。





天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:30 | 北京 | Comment(6) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月30日

夜にはデートスポットにも

P1010009.JPG

中央テレビ局のテレビ塔は一般人が上まで上がって見学が出来るようになっています。上に上がって北京市の全景を見てみるとあらためて、高層ビルの多さ、北京市の広さが分ります。このテレビ塔の中には回転式レストランなどもあり、夜になるとタワーの中もまるでアベックのために準備されたのではないかという明かりがつき、デートスポットにもいいところだと思います。レストランもとても雰囲気がいいところで、女性と一緒に来るにはいいところかもしれません。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:13 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月23日

遊びも生活も団体行動が基本

 小姐の部屋へ行ったことがある方は分ると思いますが、大抵ルームシェアをしています。小姐をしているのだから、そこそこ余裕があるのだから、そこそこリッチな暮らしをしているのかと思いがちですが、実際はマンションの日が当たらない地下室の1ルームに大きなベットを一つおいて2、3人で住んでいたりなど結構質素な生活をしている子が多いです。月の家賃を聞いてみると1月500元くらいで、それを3人で割り勘をして払っているみたいです。500元の所にしかもベット一つの所に3人で寝るのはお金を節約するために皆でシェアしているの?と聞くと、そうではなく、一人で住むのは寂しいからといわれます。大陸文化とはそういうものみたいで、何をするにしても、とにかく一人で行動というのはあまり好まないみたいです。食事もしかり、KTV遊びもしかり、生活もしかり、ショッピングもしかりです。すべてにおいて団体で行動することを好みます。この小姐に日本人は一人で買い物へ行ったり、一人で住んだり、一人で飲みに行ったり、一人で食事をするんだよと言うと、そんな事は考えられないといわれました。友人同士の友情の深さ、友達なのにお姉さん、妹と言い合う仲になる原点は何をするにしても団体行動をするという文化的な背景と大きな関係があるのでしょう。








天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:15 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月22日

発行から1年の中国銀行は。。。。

昨日は出張で更新ができませんでした。大変申し訳ありません。さて、今日は中国銀行の株の話です。ブログの記事でもちょうど1年前に紹介しました中国銀行の株ですが、発行されてから1年が経ちます。中国雑記団でも推薦させてもらっていましたが、1年後の今はなんと75パーセント上がりました。(人民元の切り上げも含む)そして、今もがんがんあがり続けています。。。。しかし、これで驚いてはいけません。同時期に中国銀行よりも安かった中国南方航空ですが、丸1年で600パーセント(6倍)上がってしまいました。やはり単価が安いA株は上がり率が半端ではありません。当時南方航空を買うか、中国銀行を買うか迷いましたが、結局安全パイで中国銀行を選んでしまい、これで一生の運を使ってしまったと思っています。本当に悔やんでも悔やみきれません。今後の中国銀行の上がりに期待するしかないです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:53 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月20日

根本的な問題

 中国製品について、日本でもいろいろと話題になっていますが、粗悪品の流出があると、その怒りの矛先は製造者、販売者に向けられがちですが、本当の怒りの矛先はそこに向けるのではないと思います。
根本的な問題は体質に問題があると思います。こんな事今さらここで書かなくても皆さんご存知かと思いますが、根本的な問題は各部門を管理する役人が商人に毒(賄賂)を飲まされていて、粗悪品、または偽物を許可してしまうからなのです。要するに役人のレベルが低いのです。この間も食品、薬品を管理する管理局の局長が偽物の薬、食品を業者から賄賂をもらって承認していました。個人の私利私欲で何億という人達が犠牲になっているのです。ですから、最近テレビで粗悪品撲滅とか、コピー商品撲滅とか謳って抜き打ち検査の映像が流れますが、そんなことやっても、根本的な役人と商人の癒着を断ち切らないと結局はいたちごっこなのになーと思ってしまいます。まあ、そういう映像も流すのも一つの戦略なのでしょうが、本当に中国が発展するには、役人と商人の癒着を徹底的に断ち切るところからだと私は思います。こうする事により、中国製品の質も上がり、顧客の信用も上がり、価値があがると思います。そして、安い人件費、大量な人口を活かした人海戦術で良質で安価な商品を大量に生産して、外国へどんどん輸出をして外貨を稼ぎ富国となっていけるのに、少数の人の私利私欲のせいで、物凄い大きなチャンスを逃している気がして、大変残念であります。それだけではありません。更にマイナスなのはこの癒着があると、自由な競争の原理が働かないため、製造者のモチベーションが下がりいいものを作り出せない、、創造性も出てこない、品質が向上していかないなどの、悪循環を起こします。しかし、少しずつこういう癒着も撲滅する声が上がってきています。中国人の気概さ、ハングリー精神はとても凄いですから、これをいい方向に活用できるようになる日が来る事を望んでいます。















天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:55 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月17日

明日から始まる汚染検査

 明日から20日まで北京では車の量を半分にし、排気ガスを半分にして北京市の汚染度検査を実行します。どのように車の量を半分にするのでしょうか?その方法は至って簡単です。明日は17日、17は奇数であるため、下一桁のナンバーが奇数の車は外に出させないことにします。18日は偶数ですから、下一桁のナンバーが偶数の場合はその車は外に出ることができません。こんな法律が先日勝手に出来上がって、このルールに違反したものは100元〜200元の罰金を受けることになります。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:57 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。