2007年08月16日

西単華威

photo008.jpg

西単といえば、東京の渋谷みたいなところで、若者がショッピングで集まる場所です。ここにある華威というデパートがありますが、ここの5階にアクセサリーショップ屋さんがあります。ここは女性を連れて行くときっと喜ばれる場所です。値段も交渉ができ大体言い値の2分の1か3分の1くらいで買うことができます。

PS 最近はブログを書く時間があまりなく、お粗末な記事ばかりで大変申し訳ありません。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:12 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月15日

通話料を安くする方法

 中国によく来る方は、中国の携帯電話を持っていると思いますが、通話料を安くする方法があります。中国移動の携帯の場合、相手の番号の前に12593をつけると市内電話が0.2角、長距離電話が0.3角になります。普通に電話する場合市内電話は1分間0.6角、長距離電話は1元ちょっとしますので、ちょっとめんどくさいですが、前に12593をつければ、電話代を大幅に安くすることができます。ぜひこの方法でお試しください。ちなみにこれは北京の番号で、北京市内から電話をするときの基準ですので、あしからずお願いいたします。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:25 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月14日

中国4大女優の一人

20050516113014537826.jpg

以前にも少し紹介したことがある中国4大女優の一人趙薇(ジャオウエイ)ですが、先日中国卓球のナンバー2の男性と結婚までうわさされていましたが、男性側の両親からの猛反対で破局をしました。破局後すぐにまた新しい彼氏を見つけたことで、マスコミから注目を浴びています。彼女は30を過ぎていますが、今は映画の監督になろうと必死に勉強中です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:24 | 北京 | Comment(4) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月13日

それはそれ、これはこれ

素人、小姐に限らず、お金を渡すときは日本と感覚が違うので、少し気をつけなければなりません。例を挙げて言うと、小姐にいくら渡すという約束をしていたとします。そして、その日は小姐と一緒にデパートへ行っていろいろなプレゼントをしたり、おいしい料理をおごってあげたとします。ここで、ふと感じるのは確かに最初にいくら渡すと決めたけど、別にプレゼントもしたし、おいしいものもご馳走したし、最初の金額の半額くらいでいいか!なんて思ってしまうことがあると思います。ひいてはあれだけプレゼントしたし、ご馳走したんだから最初に約束していたお金はあげる必要なし!なんて思ってしまう人もいると思います。しかし、このような”情”は通用しないと思っていたほうがいいです。「それはそれ、これはこれ」というのが普通の中国人の感覚ですから、情を与えただけ損をすることが多々あります。私も部屋を引き払うときに大家にデポジットをスムーズに返してもらうため、引き払う日におかしを包んで渡しましたが、しっかりと
お金は引かれましたし、むしろその裏心があやしまれて、よりいっそう厳しく検査されてよりいっそう多いお金を払いました。情をかけてもらおうと仕掛けたのがむしろ、逆効果になり損をしてしまったのです。このような事になりかねないので、そういう事を計算して、ご馳走したり、プレゼントを買うようにしたほうがいいと思います。




天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:07 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月12日

大分出来上がりました

pic22_04.jpg

 2008年オリンピック本会会場の外枠が大分出来上がりました。こちらの写真では見れませんが、近くに行って見て見ると鳥の巣の天辺で作業員がなんと命綱無しで作業をしています。正式には発表されていませんが、死者も結構出ているようです。近くで見ると命綱無しで作業している人がご飯を食べたり、寝転んだりしているのが見えるときもあります。ちなみにこういう光景はヨーロッパから来ている人達の絶好のシャッターチャンスになっています。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:20 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月11日

辛さに自身がある人はここへ

20064191025508318.jpg

四川料理といえば辛くて有名ですが、本当に麻痺する辛さで北京でナンバーワンの辛さのお店といえば 麻辣誘惑(マーラーヨウホオ)でしょう。ここの辛さは他の四川料理のお店と比べ物にならないくらいからいです。その辛さといえば、腸がおしりから飛び出るくらいといっても過言ではありません。辛さに自身がある方は、一度ここを試してみてください。辛くて味が分らないかもしれませんが、中国人の中ではここはとてもおいしいと評判がいいお店です。



天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:44 | 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月10日

地下鉄5号線まもなく開通

am4j19aqo87xurn7txz2.jpg

ここ2日間更新が出来ずに大変申し訳ありませんでした。さて、北京のオリンピックに向け、地下鉄の建築が進んできています。北京の北と南を貫く5号線がまもなく開通する予定です。既に駅も出来上がり、後は最終チェック段階に入っているそうです。これにより、北側5号環状線付近の不動産も3年前の平米4万円から12万円へ跳ね上がっています。残りジャスト1年になり、ラストスパートがかかってきました。皆様ぜひこの北京の発展を見に来てください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:16 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月07日

中国式ピザ?

photo010.jpg

 掉渣餅(ディオジャービン)というピザの生地を焼いた食べ物があります。これは、中国式ピザみたいなもので、焼いた生地の上から小さい肉が少量入っているたれを塗ります。生地の上にこのたれを塗るだけなので一枚3元(48円)程度で売っています。中国ではピザ屋がステータスで行くようなお店になっているため、値段が高いので、庶民は掉渣餅(ディオジャービン)をピザ代わりに食べる人が多いです。掉渣餅(ディオジャービン)のお店は北京にいくつかありますが、どこも行列です。生地はさくさくしていて、なかなかおいしいですが、生地の上に塗るたれは賛否両論あると思います。皆様ぜひ一度お試しください。
PS 明日は出張のため、更新ができるかわかりません。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:58 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月06日

度胸ある人優先!!

ggad.jpgaaa.jpg

 よくお客さんから聞かれます。「中国の道路は車優先?人優先?」
私の答えは「度胸ある人優先です」と答えさせてもらっています。隙間があれば、車、人間関係無くとにかく踏み込みます。早く一歩踏み込めば、相手を停めさすことができます。そして、相手を停めさせてしまうのだから、急いで通過するのかなと思ったら、そんな事はありません。一歩先に踏み込んで勝ったのです、ですから皇帝なのです、
偉いんです、だからマイペースで通過します。車同士でもそうです。日本では間違いなく喧嘩になる(いや、殺し合いかも)割り込みをしておいて、前をゆっくり走ったり、意味の無いブレーキを踏んだり。。。交差点の曲がり路を歩行者が青信号で渡っているのに無理やり先に曲がってきて、曲がるときになぜか幅寄せ。。。。。悪気があるかないかは未だに不明ですが、どうしても、先に踏み込んだほう、もしくは割り込んだ方が天下を取った皇帝のように見えてしまいます。今日のねたは中国に長い人しか分らない記事だったかもしれません。すみません。



天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:48 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月04日

中国の関連するお話を披露しませんか

ブログを見てくれている皆さんの中で、中国と関わりのあるねたで、何か記事を提供してくれる方を募集しています。小姐との恋愛の事など、何でもいいので、中国雑記団にご提供してくれる方を募集しています。1日アクセス500くらいありますので、いろいろな方の考え方をもらえるかもしれません。もしご紹介させていただけるのであれば、メールでご連絡お願いいたします。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:51 | 北京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月03日

1週間で20パーセント 外国人も買えます

aaaaaaaaa.jpg

 知っている方もいるかと思いますが、今中国の投資信託が再び大きな上がりを見せています。ここ1週間くらいで20パーセントの上がりです。1週間で20パーセントの配当は日本ではまずありえないと思います。私もこの時期にちょうど買っていたので、ここ1週間は毎日「え、こんなにもらっていいの?」というくらい上がり続けました。投資信託ですので、画面に張り付いている必要もなく毎日夜8時くらいに更新される今日の上がりを見てよければ、次の日すぐに売ってしまえばいいだけのことですので、株より大分精神的に楽です。(売ると2日後くらいに口座に着金)
さて、こちらの投資信託ですが、私たち日本人も購入することができます。外国人はA株は買えなくても、A株の投資信託は買えてしまうと何ともおかしな感じはしますが、投資信託は中国で口座を開設すれば、その口座で即日買うことができます(平日のみ受付、午後3時で受付終了)しかし普段日本にいるから買うことができないと思われる方もいるかと思いますが、今中国工商銀行では外国人もネットバンキングを開くことができ、ネットバンキングを開けば、日本にいてもネットを使ってネットバンキングで投資信託の売り買いが非常に簡単にできます。(中国語ですが、日本人はなんとか読めますし、非常に簡単な操作なので一度覚えればすぐにできます。)また、毎日の投資信託の上がり下がりの動きもその証券会社が毎日HP上で更新していますので、ネット上でその動きを見て売り買いをすれば大丈夫です。また、買うのは元で買うことになるので、元が今後きりあがっていけば、それも利益になるので、一石二鳥です。それに、儲かった元は円に換える方法はちゃんとありますので、問題ありません。今中国はオリンピック前と言うことも影響して株も投資信託も下がる気配がありません。むしろ下がるどころかまだまだ上がるといわれています。それに、まだ単価が安いA株に対しての投資信託ですので、今後の上がり幅は大いに期待ができます。なぜならば、A株は今後外国人にも開放される方向に動いていること、また中国移動、中国石油という国内1、2の企業(アジア1、2でもある)が近いうちに参入してくる予定であり、この2つが参入してくると株の価値は2倍にもあがるのではないかといわれています。オリンピックまで後1年ですが、今はビックチャンスだと思います。中国工商銀行の口座の開設については、中国雑記団もお手伝いさせていただきます。






















天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:16 | 北京 | Comment(5) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年08月02日

本当はこれが原因。。。。

昨日は出張で記事が更新できずに大変申し訳ありませんでした。さて、ここ最近の北京は雨続きです。今日は大雨が降り一時的にタクシーが1時間待ちでも拾えない状況になりました。これは普通に考えれば雨でタクシーを乗る人が多いため、タクシーが捕まらないと思いますが、実はそれにはこんな裏事情があったのです。それは、北京の道路はまだ凸凹の道が多いため、大雨が降ると水溜りがあちこち出来て走りにくいこと、雨の運転になれていない車が事故をして渋滞が発生することがあるため、タクシー運転手が割りに合わないといって、人の目立たないところへ車を移動して、雨が落ち着くまで休んでしまうのです。このため、大雨が降るとタクシーがなかなか捕まらない現象が起きるのです。タクシー運転車は雨だから一儲けができると思うのでなく、雨はむしろ商売上がったりだそうです。人に便利さを提供するはずのタクシーがこんな自分の損得で動いてしまうというのは、やはり会社側のシステムに問題があるのでしょうか。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:38 | 北京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月31日

今中国で流行っている動画サイト

ここのサイトでは各国から取り寄せられた様々な動画が見れます。

http://you.video.sina.com.cn/

笑えるもの、とても残酷なものなどなどいろいろなカテゴリーがあります。結構刺激的な動画も多いです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 04:43 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月30日

「日本人上司が暴行」50人スト 深センの邦銀支店 

中国の広東省深セン市で27日、日系銀行の日本人上司が中国人部下を殴り、同銀行の中国人従業員約50人が抗議のストライキに突入したと、28日付の地元紙「南方都市報」(電子版)が伝えた。報道を受けて、インターネットの各掲示板には「日本非難」の書き込み数千件が殺到している。同紙によると、27日午後8時ごろ、東京三菱UFJ銀行深セン支店で、人間関係のもつれから、ある中国人従業員が日本人課長にいきなり右頬に平手打ちを受けたという。席に戻った従業員の説明を聞いたほかの中国人スタッフ約50人は「職場に安全感がない」などとして、一斉にストライキに入り、連名で銀行側に対し「中国担当の幹部の公開謝罪や、当事者の中国からの転勤」などを求める書面を提出した。同課長は同従業員に謝罪をしたが、受け入れられなかったという。


>>> このような事件があったそうですが、大変遺憾です。
手を上げてしまったと言う事は相当頭に来たのだろうというのは察する事はできますが、中国で手を上げるというのは絶対にNGだと言う事を皆さんに知ってもらいたいです。中国でビジネスをする上で、ストレスと言ったら半端なものではありません。なぜならビジネスに対するマインド、様々な価値観があまりにもかけ離れていて、そのストレスと言ったら打たれ弱い人は病気になったり、頭がおかしくなるでしょう。中国でのビジネスを成功させるのならば、一言「我慢」あるのみです。なんだかんだ言っても人様の国なのですから、外人はでしゃばってはいけないと思います。ただ、何もかも我慢していては、どんなに打たれづよい人でもすべて我慢していたら病気になるので、10回に1回くらいは吐き出しもいいとおもいます。でも、手を上げるのは絶対にだめです。なぜ手を上げてはいけないかは言うまでもありませんが、歴史問題の背景、それに中国人同士口喧嘩はよくありますが、手を上げるというのはよっぽどの事がないとしないのです。
また、もう一点注意しないといけないことは、外国に来たら日本の習慣を捨てることです。これは日本人が一番苦手な事だと思います。知らず知らずのうちに日本の習慣を押し付けしまっていて、それに従わないとカーッとなって罵ったり、手を上げてしまったりするのです。今回の手をあげた事件もこれが原因かと思われます。とにかく外国に来たらその国の基準、習慣に合わせることが大切です。それができないと、知らないところで相手に迷惑をかけていたり、とても失礼な事をしていたりするものです。私は中国が長いので、大体の中国の基準、習慣がわかるので、これを分らない日本人が中国人と揉めているのを見るととても恥ずかしく思ったり、「それは中国じゃ通用しないんだよなー」と思うことが多々あります。でも、これは言ってもすぐには分らないことなので、いつも黙っていますが。
また、日本人が中国人に手を上げたなんて事になるとすぐにマスコミに揚げ足取られて他の中国に駐在している日本人の肩身が狭くなります。こんな事は少し考えればわかることだと思います。日本では手を上げるのも愛のムチという事でいい風にとられることあるかもしれませんが、とにかく中国で特に日本人が手を上げるのは絶対に絶対にNGです。とにかく我慢が必要です。

































天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:11 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月29日

同じ社会主義でもサービスが違う

P1010014.JPG

ベトナムと中国どちらとも共産主義国家ですが、サービスについては大きな違いがあります。どちらとも共産主義でありながら、市場経済ですが、中国の方が開放されてからの時間が長いため、サービスの概念も先に根付いているはずなのですが、実際のところ、国民性なのかもしれませんが、ベトナムの方が圧倒的にサービスでは上です。ベトナム人は日本人みたいにお客様にぺこぺこする低姿勢を持っているところがあります。また、物を買った後もちゃんとありがとうと言ってきますし、おじぎをしてきたり、手を合わせてきたりします。写真はこのレストランのウエイトレスのサービスが良かったので、ここの料理を食べる前の写真にさせていだきました。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:15 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月28日

ハノイ戦争博物館の戦車

 tanke.JPG

 ベトナム戦争の当事者は、直接戦火を交えた米国(南ベトナム)と北ベトナム(南ベトナム解放民族戦線)でしたが、当時の冷戦構造下にあって、共産圏諸国側からはソ連、中国、北朝鮮も直接後方支援に関わっていましたし、西側諸国も、韓国、オーストラリアなどは直接兵力を送りこんでいました。そしてなによりも日本が最大の後方支援基地に位置していました。(そのおかげで日本も大分景気がよくなりました。軍需企業は特に)ベトナム戦争とは言わば資本主義と共産主義の戦いで、ベトナムはこの戦いの舞台になってしまいました。
そして、1975年にベトナム戦争が終結した後、南ベトナムの消滅に伴い、ベトナムでは新統一政権が発足。カンボジアではポル・ポト政権が誕生した。当時、中国とソ連は厳しく対立していて、ポル・ポトは中国の支援で政権を奪取した経緯があり中国と密接な関係を保った。そして79年中越戦争が勃発、今度は共産主義どうしの対立の舞台になってしまいました。写真の戦車はベトナム戦争、中越戦争も経験しているそうです。2つの戦争に耐えた生々しい傷跡が印象的でした。





















天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:03 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月27日

ベトナム交通事情




昨日の記事でベトナムが出てきましたので、今日は少しベトナム交通事情について書きます。写真は移動中に撮ったベトナムの交通状況です。ベトナムも中国と同じで自転車が多いのかと思っていましたが、自転車はほとんど目にすることはなく、一歩外に出ると見渡すところ、バイク、バイクです。若い人から年配の方までとにかくバイクを乗っていて、バイクは庶民の足になっているようです。ただ、交通状況はあまりいいと言えません。3人乗りしているふらふら運転しているバイク、逆送してくるバイク、無理やり左折してくるバイク。。。。などなど車を運転している方からみると、とてもストレスが溜まる運転をしています。しかし、中国も同じですが、これだけめちゃめちゃな運転をしていてもなぜか交通事故が少ない。。。これは習慣化されているからなのでしょうか。






天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:03 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月26日

ハノイでサウジ戦観戦感想

P1010016.JPG

 たまたま仕事でハノイに出張でしたので、そのついでにサウジ戦を観戦してきました。チケットは前から4番目の席で日本円で1500円でした。観客は全然入っていなく、空席が目立ちました。観客の中にはベトナムの方達も大分日本を応援してくれていて、チャンスの時などは日本人と同じように大声を出したり、ニッポンコールも一生懸命してくれて、とても親近感を感じました。さて試合のほうですが、2−3で負けてしまいましたが、なんと言っても点の取られ方が悪かったです。すぐに取り返すのはとてもいいことですが、取り返してすぐに気が抜けていたような気がしました。また、攻めの問題点はインターセプトしても前に攻めずに横に流してチャンスを潰してしまう責任転嫁パスは日本を応援してくれていたベトナム人からは、笑いが起こるくらいでした。このアジアカップですが、日本は負けてオシム監督の責任問題を問われることになると思いますが、ヒデイングが韓国の監督をやったときもすぐには結果が出ませんでしたから、私は続投してほしいと思っています。それに今日も試合が終わった後もずっとベンチに居残っていました。あの背中を見ていたらなぜか可愛そうな気がしてきてしまいました。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:14 | 北京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月25日

北京ダックの穴場

0302340.jpg
 
 北京の穴場北京ダック店利群烤鴨店は、知る人ぞ知る下町の中の下町にある歴史のある北京ダックのお店で、昔ながらの味を守り続けています。北京には有名な北京ダックのお店がいくつかありますが、はっきり言って値段が高いだけで有名無実だと思います。ここのお店は、今は外国人が大分来るようになってしまったので、値段はそこまでは安くはないですが、(北京ダックセットで338元くらいだと思いました)味はそこらの北京ダック店には負けません。タクシーの運転手にも前門利群と見せれば大体知っているので、その近くまで連れて行ってくれます。なぜその近くまでと言うのは、このお店はフートンという小路の中にあるので、車が入れません。すぐ近くまで運転手が連れて行ってくれると思いますので、そこからは徒歩で3分くらいでつきます。看板があるので、その矢印を見て歩いていけばたどり着けます。有名人もお忍びで来ているお店で、とてもディープな場所です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:36 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

2007年07月24日

北京でも普及してきました

20074391844782.jpg

北京にもバス、地下鉄で使えるICカードがようやく普及し始めてきました。このカードを使ってバス、地下鉄に乗ると乗る区間等によって割引率が違いますが、およそ20パーセントくらの割引率があります。
出来る限り機械化をせずに人を使って失業率を高めない政策も時代の需要に逆らうことはできず、どんどん機械化していきます。
このカードですが、いろいろな場所で買うことができます。買う際には特別なめんどくさい手続きは要りませんし、カードのお金がなくなれば、リチャージするだけで再びこのカードを使うことができます。まだ広州みたいにタクシーまでこのカードを使えるほど便利にはなっていませんが、このカード1つ持っておくとタクシーよりバス、地下鉄乗りたくなる気分になり、いつのまにか交通費が削減できてしまいます。1つ持っておくと便利です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:17 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知っていると得する?中国事情

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。