2006年08月22日

東莞(トンガン)長安市のお勧めのホテル、KTV

imageVDDDE3.jpg

KTVのチーママ

広東省の中で一番風俗が多くて、サービスがよく、綺麗な子が揃っているところといえば、東莞長安でしょう。昔は、全くの田舎でしたが、最近は日本企業、欧米企業が次々に東莞に進出してきて、もの凄い勢いで発展しています。先日、広州に出張の際に、懇意にさせて頂いているブログのお客様k社長に連れて行ってもらいました。k社長とは既にここには2回来ましたが、いつも泊まるホテルは「鳥沙大酒店」というホテルです。このホテルですが、値段も安く、サービスもよく、このホテルに入っているKTVも日本語が分かるママがいて、とてもよい場所でした。可愛い子も沢山いますし、値段も安いです。お勧めの場所です。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:47 | 北京 | Comment(8) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2006年03月07日

広州のタクシー

image8578757.jpg

久しぶりに更新します。出張でどたばたしていて、今になっての更新で大変申し訳ありません。さて、今日は広州で見たタクシーのGPSの紹介です。たまたま乗ったタクシーに搭載されていました。北京では、まだ搭載されているタクシーはありませんが、さすが経済都市広州です進んでいます。私が乗ったときに表示されていたのは、忘れ物のお知らせが表示されていました。先ほどどこどこで乗ったタクシーの中にバックを置き忘れました、中には財布、PHSです、見つけた運転手の方はどこどこセンターに連絡してくださいと書かれていました。こいうのって日本にもあるんですかね。ただ、皆様に気をつけていただきたいのは、こういうのがあっても中国の場合はおき忘れで帰ってくる確立はほぼ100パーセント無いと言って過言ではありません。戻ってきたら奇跡です。運転手も言っておりましたが、落し物の表示を出すが、これは形だけで、実際戻ってくるケースは無いに等しいと言っております。とにかく、外国にきたら、置き忘れには特に注意を払ってください。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:37 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2006年02月18日

南通のホテル

image2345333.jpg

上海から、バスで3、4時間くらい行ったところに南通という都市があります。南通は港もあり、最近日本企業の進出が急速に増えたところです。泊まったホテルは華僑ホテルというところでした。値段は安く、一泊188元(2800円)でした。ホテルは、NHKも見れたし、
ホテルの到る所に日本語表記がありました。そして、部屋を空けてみると、写真のとおり、お風呂はガラスが内側、外側から丸見え状態で、まるでラブホテルを想像させます。こういう作りをしているのも、女の子をお持ちしてお風呂に入っているときに逃げられないようにするためなのでしょうか。とにかく、このホテル値段も安いし、作りもよかったし、サービスもそこそこでお勧めです。それと、ホテルの中に床屋が入っていて、そこから女の子を派遣をしていました。確か内線は7222、値段は一発300元(二日目は200元)だっと思います。すみません、余計な事、書いてしまって。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 23:50 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2006年01月12日

久々の日本

ここ最近一時的に日本へ帰ってきています。日本に帰ってきて、中国雑記団を開いてみると、なんとあっさりと開けました。中国では何度やっても、いろんなプロキシ使っても開けないのに、こんなに簡単に開けてしまうなんて・・・・。さて、今日は出張ねたです。出張ねたと言っても、今回は中国国内ではなく、日本ねたです。久々に日本に帰ってきて、中国雑記団を通して知り合った北京でお会いしたお客様ともお会いしました。皆様には大変よくしていただいた事を大変感謝します。さて、昨日ですが、埼玉大宮の中国パブの帝王(K氏)と日本にある中国パブに遊びに行ってきました。こちらのK氏ですが、某会社の社長さん、大宮の中国パブにとても精通しています。大宮の駅周辺のパブ街をK氏と一緒に歩いていると、中国人の女の子が声をかけてきます。女の子は寒いのにチャイナドレスなどの肌を露出する服を着ていて、その上にコートを羽織っているだけでとても可愛そうです。大体二人一組で「おにーさん、1時間5000円大丈夫、一緒に話しよう」大体こういう風に声をかけてきます。大宮駅周辺には中国パブはかなりありましたが、あまりいい子がいなかったので、大宮で遊ぶのをやめて、宇都宮まで行く事にしました。

続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 17:32 | 北京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2006年01月04日

シンセンにある洗飛機(シャンプーテコキ)

image787844444.jpg

出張ねたで1つ忘れていました。シンセンの松岡という工業地区に行った時に見つけた洗飛機(シャンプーテコキ)の床屋さんです。北と南の風俗の一番違う所は、南の場合は人通りの多い目に着くところに風俗のお店を構えているところです。北京の場合ですと、裏路地、大通りから入った小さな小道など目に着きにくいような場所に多いです。南はやはり開放的なのでしょう。こちらのお店ですが、本当に繁華街のど真ん中に堂々と存在していました。1つのお店の中に10人くらいの女の子が待機しています。着ている服はなぜか上は白の服で下はピンクのスカートと統一されていました。こちらのお店本番はないです。サービス内容はテコキかシャンプーテコキです。
前者のテコキはマッサージ+テコキで制限時間50分で30元でした。後者の場合はマッサージとシャンプーテコキで合計60元でした。シャンプーテコキとは何かと思われますが、読んで字の如くでシャンプーを使ってテコキをします。シャンプーですと、オイルとは違って水でさっと流れるので、終わった後のオイルのベトベト感が無くて結構いい感じです。しかし、なぜボディーソープでは無くて、シャンプーなのか?それは疑問ですが、取り合えずシャンプーマッサージをしてみることにしました。



続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 16:42 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年12月30日

北と南の商売のやり方の違い。

今日は出張ねた絡みの北と南の商売のやり方の違いについて書きます。南と北で決定的に違う所といえば、それはお金の取り方と、ネゴのやり方の違いです。お金の取り方は南の場合、基本的には先払いとなっています。KTV、床屋、バイクタクシーなど殆どが先払いでした。一番納得行かないのはKTVです。北のKTVの場合はまず部屋に入って女の子を見ていい子がいなければ、そのお店を出ても料金は払わないで構いませんが、南の場合は部屋に入った時から部屋代が発生します。従ってお店に入ってママに女の子を呼んできてもらって、その中に気に入った子がいずに、お店を出たとしても部屋代を請求してくるのです。それに、北の場合は女の子が待機している部屋をのぞかせてくれますが、南はだめです。次にネゴのやり方も南と北は違います。値段がかかれていない物を買うときは中国の場合北、南と関係なくネゴをしますが、北の人の場合はネゴの時間がとても短いです。ある程度客と値段を言い合って、2言目くらいには「この値段が受け入れられなかったら、帰りな」といいます。南の人は言い合う時間が長いです。それに北の人が言う上記のような言葉はまず発しませんし、最後の最後まで客と値段のやりとりします。そして、客が「この値段ならいらない」と言って帰ろうとすると、追いかけてきて再び交渉となります。とにかく、南の人は商売上手な人が多いです。この次に書く記事で風俗ネタを使った南の人の商売上手さを書きます。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:55 | 北京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年12月29日

パンダ事故に遭う

image66666666.jpg


image11111111111111122.jpg


広州出張が終わったあと、その後シンセンにも出張へ行きました。場所はシンセンの松岡というところです。ここは、シンセンの郊外にある工業地帯です。実はここにも友人がいるため、仕事を兼ねながら、友人を訪ねに行きました。この友人曰く、ここは警察の目が届きにくい工業地帯、それに全国各地方からの出稼ぎ者が入り混じっていて、とても乱れている所だといわれていました。確かに、街を歩いている人たちの人相はあまりよくありません。この松岡という町は町自体はそんなに大きくありません。よって町の中の移動はもっぱらバイクタクシーとなっています。バイクタクシーと言っても、正規のバイクタクシーではなくて、個人でやっているバイクタクシーです。シンセン市内からバスに乗る事40分くらい、松岡に着いて、そのバス停から2キロ先にあるホテルまでバイクタクシーで行く事にしました。この町のバイクタクシーの料金はすべて交渉になっていて、お金は先払いになります。すぐ近くなので3元を支払って、ホテルまで連れて行ってもらうことに。そして、ホテルへ間も無く着く時にその事故は起こりました。私の乗っていたバイクタクシーは上の写真の道を道路の端っこにくっついてしまうくらいに寄せて向かってくる車をよけさせながら逆走してきました。そして、間も無くホテルに着く時です。私の乗っているバイクはこの道を左に曲がろうとしたその瞬間でした。この曲がり角から出てきたバイクと出会い頭にがっつーんと正面衝突です。そして・・・




続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:47 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年12月28日

これが広州式?トイレの鍵

広州の夜の帝王と仕事の打ち合わせも終わり、ご飯を食べに行きました。夜の街へ遊びに行き都合があったため、早めにご飯を済ませようという事で広州の夜の帝王の自宅付近のローカール飯屋さんに入りました。お店は小さいですが、お客さんはいっぱい入ってました。ここでは火鍋を食べましたが、おなかいっぱい食べて4、50元と大変安かったです。食事は安くてよかったのですが、トイレに行ってみたら、ドアに鍵が無い事に気づきました。ちょっと鍵をかけてゆっくり用を足したいなと思っていたので、お店の人を呼びました。以下会話形式です。
続きを読んでください(写真あり)



続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 17:23 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

広州ねたの続き

image7777777777777.jpg


記事が前後してしまいましたが、広州出張のネタがまだ残っているので掲載します。
こちらの写真ですが、こちらの写真を見て何か分かった人はかなりの広州通だと思います。この緑の桶は何をしめしているでしょうか?私も最初は何か全く分かりませんでしたが、どうやら、お茶を入れる容器を洗って流すときに使う受け桶です。これを出してくるという事は、どういう事かた言うと、コップが綺麗じゃないと思うなら自分で洗え、という表示なのか、コップは汚いです自分で洗ってください、という表示なのかどちらか分かりませんが、広州の夜の帝王に聞くと前者らしいです。北京の場合ですと、コップに一度お茶を注いでそれを地面に捨てます。でも、さすが商売の街広州です。こんな事はあっても全体的なサービスは北京よりぜんぜん良かったです。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:22 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年12月22日

出張ねた広州編その1

imageu897987.jpg

この写真を見て何か分かる人はいますか?これは中国の南の地方特に広州付近でよく庶民が口にする鍋仔飯といいます。この中国語の読み方ですが、gouzifan では無くて、gouzaifan とよみます。ちなみにzaiは3声です。こちらの食べ物ですが、韓国の石焼ビビンバに中国版と行ってもいいと思います。味ですが、韓国の石焼ビビンバにはかないませんが、食べれない味ではないです。このgouzaifanですが、一番おいしいのはおこげです。おこげは韓国の石焼ビビンバよりもおいしいかとおもいます。こちら1人前で15元(225円)と少々高めですが、広州へ行った際は一度食べてみるといいと思います。北京でもあるみたいですが、味は本場と比べてどうか今度レポートいたします。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:32 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年12月21日

広州編その2 やっぱり広州にもあった風俗床屋さん

image5555555555.jpg

それでは、広州出張編その2です。広州に来て床屋さんに来れるとは思いませんでした。さすが広州の夜の帝王Sさんです。ちゃんとローカルの風俗床屋さんをご存知でした。しかも、驚くことにSさんの自宅から歩いて5分のところに・・・。そして気になる値段ですが安かったです。ショート130元(1950円)、泊まり260元です。北京にも1発100元、泊まり300元のところはありますが、これと同レベルのところでしょう。しかし、お店のシステムは北と南で結構違います。なんと広州のチープ風俗床屋は夜の12時にオープンするのです。私はこの日の12時過ぎに一晩どうだとかいうと、嫌な顔をして、早すぎるといわれました。早すぎる?もう12時過ぎているぞ!と最初は意味が分かりませんでしたが、女の子に聞くと広州の場合12時にオープンして、日が空けて明るくなるとお店を閉めるそうです。する場所も違いました。北京ですとこの手のチープ風俗床屋はお店の汚いマッサージ台でさせられるか、汚い小屋に連れられて行ってベニヤ板のベットでするのですが、広州の場合はマンションの一室に連れられていきます。マンションはそこそこ綺麗なところで北京のわけの分からないベニヤ板のベットでは無かったです。広州の床屋の12時にお店が開くと言うのは、とても商売のやり方がうまいと思います。北京の場合、友人やお客さんと外でご飯食べて、飲みに行ってお酒が回ってさあー遊びに行こうかーという時にお店が既に閉まっていたり、女の子が少ししかいなかったりとか多々あります。一発屋の場合お客さんの需要が一番あるのはむしろ夜の遅い時間帯なのかもしれません。私自身もこの日は広州の帝王と夜まで飲んでいて、遅かったので、こんな遅い時間でも女の子は10人以上いたし、大変助かりました。

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:04 | 北京 | Comment(4) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年07月09日

上海風俗

出張で上海に行っていました。もの凄い忙しく、更新できずに大変申し訳ありませんでした。
上海は3回目でしたが、今回は風俗巡りする時間がありましたので、風俗へ行ってみる事に。
しかし、知らない土地です。こういう時はやはり、現地に詳しい人に紹介してもらうのが一番です。

続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年06月16日

地方のウンコホテル

出張で河北省に行ってまいりました。今まで中国国内はいろいろ出張しましたが、今回の出張で確信しました。中国の地方のホテルは4つ星5つ星言えど全部ウンコホテルです。
今回4つ星ホテルのスウィートに泊まりました。値段がやけに安く、なんか得した気分でしたが、そんな喜びも束の間・・・

続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年04月12日

虹橋ホテルのKTV

image34.jpg


またまた出張ねたで恐縮です。今回出張で泊まったホテルは4星の虹橋ホテルと言うところです。ここは日本人の観光客や、ビジネスマンが沢山泊まっていました。上海は9年ぶりと言うこともあり街に様子もがらっと変わっていたので夜の遊びは無難にこのホテルの中にあるKTVへ行きました。

続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年04月11日

上海のローソン

image15.jpg

出張で上海へ行ってきました。仕事が終わり、小腹が空いていたので、ローソンへ立ち寄ることに。時間は既に遅く夜の11時でした。お店に入ると日本では聞こえてくるはずの、"いらっしゃいませ"が聞こえてきません。店員は何してるのかなと思いカウンターをのぞいてみると・・・

続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年03月27日

国内線機内食 

 image22.jpg

中国国内線の機内食です。この日は朝の6時の飛行機に乗りまして、7時に出たのがこの機内食です。朝からこのボリュームです。しかしお腹がすいていたので全部食べてしまいました。
中国では、普通朝食は凄い簡単で、しかも、とても軽い物を食べます。おかゆだけしか飲まない人や、肉まん2つだけとかいう方沢山います。


続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 中国国内出張ねた 

2005年03月22日

三輪タクシー

image24.jpg

またまた出張ねたです。こちらは吉林省白河村です。街中を散歩していると面白い物を見つけました。三輪タクシーです。初乗り3元で近場なら3元少し遠くても街を出なければ10元でOKです。面白そうなので、乗ってみましたが乗り心地はなかなかです。ただ、この車欠点が一つあります、ハンドルを切るときはとても気をつけなければなりません。

続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

2005年03月08日

福建省に出張

福建省に出張に行ってまいりました。福建は思ったより暖かく摂氏16度ありました。この暖かさのおかげで一つ恩恵を受けました。それはスカート穿いている女の子が沢山いるのです。町中歩いていると、生足の女の子がごろごろいまして、終始生唾ごっくんでした。一方北京はこの時期まだまだ寒いですので、殆どの子がジーンズですし、夏もなぜかスカートを穿く人を見かけません。

続きを読む

天然石素材屋
posted by ミンザーとパンダ at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国国内出張ねた 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。